パワレポ連動企画

【PCパーツ100選 2016(13)】SSD部門 その2

〜その他のエントリー製品 vol.1〜

DOS/V POWER REPORT 2016年2月号

 こだわりの自作PC専門誌「DOS/V POWER REPORT」の特集をほぼまるごと紹介するこのコーナーでは、「2016年2月号」の総力特集「主要9ジャンル+α 執筆陣の投票で選ばれた買いの製品はどれだ!? PCパーツ100選 2016」を掲載する。

 第13回目はSSD部門にエントリーされた製品を紹介していく。大容量モデルは低価格化が進み、以前は高嶺の花であった500GB超のモデルもちょっと背伸びをすれば届く範囲だ。

 本特集が掲載されているDOS/V POWER REPORT 2016年2月号は全国書店、ネット通販にて2015年12月26日(土)に発売。様々な分野のオススメパーツを決定する総力特集をはじめ、ラジエータを置くスペースが必要だけど、かわりにCPUソケット周辺はすっきりする簡易水冷の新製品を紹介!「ニューカマー3製品を徹底比較 本当に使える水冷クーラーはこれだ!」、ゲームで差が付くかもしれない高機能モデルが豊富!「話題作が豊富な今こそ揃えたい 鉄板ゲーミングデバイス 26」、すぐ隣だから30cmあれば十分なあなたや、上の階とつなげるので30mは欲しいというあなたに捧げる「あなたのマイナーニーズを狙い撃ち☆「短い」ケーブル&「長い」ケーブル集めました」など、特別企画も満載。人気の連載記事、橋敏也氏による「橋敏也の改造バカ一台」や本Web連載中のAKIBA限定!わがままDIY+の本編「わがままDIY」も掲載だ。

 今号の付録は豪華二本立て! あの素晴らしいパーツをもう一度「時代を作った名品が月替わりピンナップで!名パーツカレンダー 2016」と、これから自作を始める方には是非読んでいただきたい「パーツの役割や組み立て手順が分かる!保存版PC自作スタートブック2016」だ。


-PCパーツ100選 2016-
執筆陣の投票で選ばれた買いの製品はどれだ!?


PCI Express対応製品が一気に身近に
SSD部門

 最大速度2,000MB/sオーバーの性能を実現したNVMe対応SSDが登場し、SSDは性能面で飛躍的な向上を遂げた。

一方で従来のSerial ATA接続のSSDは性能こそ限界に達しているが、円安をものともせずに低価格化を進めている。


Micron Technology
Crucial MX200

1TBモデルを用意したハイエンドクラス

Marvell 88SS9189-BLD2 / Serial ATA 3.0 / IM Flash Technologies製フラッシュメモリ

 人気ブランド「Crucial」の最上位モデル。

 もっとも容量が少ない250GBモデルでは、独自技術「ダイナミック書き込みアクセラレーション」機能を搭載することで500GB/1TBモデルと同等の記録速度を実現している。自己暗号化機能に対応するなど、対応機能の多さはトップクラスの製品だ。500GBモデルで160TBのTBWを実現し、耐久性も高い。コストを抑えつつセキュリティを重視したいユーザーにオススメしたい製品だ。

型番 容量 バッファ用メモリ 公称最高速度(リード/ライト) 実売価格
CT1000MX200SSD1 1TB 非公開 555MB/s / 500MB/s 48,000円前後
CT500MX200SSD1 500GB 非公開 555MB/s / 500MB/s 22,000円前後
CT250MX200SSD1 250GB 非公開 555MB/s / 500MB/s 12,000円前後

SanDisk
UltraII SSD

TLC採用のバリューモデル

Marvell 88SS9189-BLD2 / Serial ATA 3.0 / SanDisk製フラッシュメモリ

 高性能と高耐久性を両立したバリューモデル。

 TLCチップを採用した製品だが、独自技術のnCache2.0の採用によって、MLCチップを採用した製品と比較しても遜色ない性能と耐久性を実現している。保証期間は3年と短めだが、安価なこともあり、コストパフォーマンスは非常に高い。ドライブのメンテナンスを行なえる専用のユーティリティ「SSD Dashboard」も用意され、ドライブの移行に利用するクローニングソフトも付属する。HDDからSSDに移行したいユーザーは注目。

型番 容量 バッファ用メモリ 公称最高速度(リード/ライト) 実売価格
SDSSDHII-960G-J25C 960GB 非公開 550MB/s / 500MB/s 40,000円前後
SDSSDHII-480G-J25C 480GB 非公開 550MB/s / 500MB/s 18,000円前後
SDSSDHII-240G-J25C 240GB 非公開 550MB/s / 500MB/s 12,000円前後
SDSSDHII-120G-J25C 120GB 非公開 550MB/s / 500MB/s 8,000円前後

ADATA Technology
Premier SP610

MLCチップを採用したエントリークラス

Silicon Motion SM2246EN / Serial ATA 3.0 / ADATA Technology製フラッシュメモリ

 低価格SSDの定番コントローラSilicon Motion製「SM2246EN」を採用。

 128GbitのNANDメモリを採用しているため256GBモデル以下の記録速度は遅めだが、読み出し性能はトップクラス。

型番 容量 バッファ用メモリ 公称最高速度(リード/ライト) 実売価格
ASP610SS3-1TM-C 1TB 非公開 560MB/s / 450MB/s 51,000円前後
ASP610SS3-512GM-C 512GB 非公開 560MB/s / 450MB/s 25,000円前後
ASP610SS3-256GM-C 256GB 非公開 560MB/s / 290MB/s 13,000円前後
ASP610SS3-128GM-C 128GB 非公開 560MB/s / 150MB/s 7,500円前後

CFD販売
M2EHLMEQ

OROM搭載で使いやすいM.2 PCIe SSD

Marvell 88SS9183-BNP2 / M.2(PCI Express 2.0 x2) / 東芝製フラッシュメモリ

 PCI Express 2.0 x2、AHCI対応のM.2 SSD。

 性能面ではNVMe対応製品に譲るが、OROMを搭載しているので数年前のマザーボードでもOS起動が行なえるため、旧世代のアップグレードにも利用できる。

型番 容量 バッファ用メモリ 公称最高速度(リード/ライト) 実売価格
CSSD-M2E512HLMEQ 512GB 非公開 700MB/s / 600MB/s 57,000円前後
CSSD-M2E256HLMEQ 256GB 非公開 700MB/s / 600MB/s 29,000円前後
CSSD-M2E128HLMEQ 128GB 非公開 700MB/s / 350MB/s 16,000円前後

CFD販売
S6TNHG6Q

東芝製SSD採用の人気製品

東芝 TC358790XBG / Serial ATA 3.0 / 東芝製フラッシュメモリ

 メーカー製PCなどでの採用例が多く、安定した動作で人気の高い東芝製SSD「HG6Q」を採用。

 他社のエントリークラスより価格は若干高めだが、初心者から上級者まで安心して利用できる。

型番 容量 バッファ用メモリ 公称最高速度(リード/ライト) 実売価格
CSSD-S6T512NHG6Q 512GB 非公開 530MB/s / 500MB/s 27,000円前後
CSSD-S6T256NHG6Q 256GB 非公開 530MB/s / 490MB/s 13,000円前後
CSSD-S6T128NHG6Q 128GB 非公開 530MB/s / 490MB/s 8,500円前後

Intel
SSD 535

安定した動作が魅力

Intel BF29AS41BB0 / Serial ATA 3.0 / SK Hynix製フラッシュメモリ

 ロングセラーモデルとなっているSandForce製コントローラのIntel版を搭載。

 コントローラの設計が古いため最新世代より性能は劣るが、ファームウェアの完成度が高く、安定していることがメリットだ。

型番 容量 バッファ用メモリ 公称最高速度(リード/ライト) 実売価格
SSDSC2BW480H6 480GB 非公開 540MB/s / 490MB/s 26,000円前後
SSDSC2BW360H6 360GB 非公開 540MB/s / 490MB/s 21,000円前後
SSDSC2BW240H6 240GB 非公開 540MB/s / 490MB/s 15,000円前後
SSDSC2BW180H6 180GB 非公開 540MB/s / 490MB/s 13,000円前後
SSDSC2BW120H6 120GB 非公開 540MB/s / 490MB/s 10,000円前後

Kingston Technology
HyperX Predator PCIe SSD

最大速度1,400MB/sのPCIe SSD

Marvell 88SS9293-BTB2 / M.2(PCI Express 2.0 x4) / 東芝製フラッシュメモリ

 PCI Express 2.0 x4接続により公称最大速度1,400MB/sを実現。

 OROMを搭載したAHCIベースのPCIe SSDの中では最速の製品だ。旧世代マザーボードのアップグレードパーツとしても利用できる。

型番 容量 バッファ用メモリ 公称最高速度(リード/ライト) 実売価格
SHPM2280P2H/480G 480GB 非公開 1,400MB/s / 1,000MB/s 58,000円前後
SHPM2280P2H/240G 240GB 非公開 1,400MB/s / 600MB/s 32,000円前後

【問い合わせ先】

Micron Technology:―/ http://jp.crucialproducts.com/
SanDisk:0120-89-3009(サンディスク)/ http://www.sandisk.co.jp/
ADATA Technology:03-3768-1321(マスタードシード)/ http://jp.adata.com/
CFD販売:―/ http://www.cfd.co.jp/
Intel:0120-868686(インテル)/ http://www.intel.co.jp/
Kingston Technology:00531-88-0018 / http://www.kingston.com/jp/


[Text by 北川達也]


DOS/V POWER REPORT 2016年2月号は2015年12月26日(土)発売】

★総力特集「主要9ジャンル+α 執筆陣の投票で選ばれた買いの製品はどれだ!? PCパーツ100選 2016」
★特別企画「ニューカマー3製品を徹底比較 本当に使える水冷クーラーはこれだ!」「話題作が豊富な今こそ揃えたい 鉄板ゲーミングデバイス 26」「あなたのマイナーニーズを狙い撃ち☆ 「短い」ケーブル&「長い」ケーブル集めました」
★連載「最新自作計画」「自作初心者のための[よくある質問と回答]」「New PCパーツ コンプリートガイド」「激安パーツ万歳!」「橋敏也の改造バカ一台」「PCパーツ スペック&プライス」「全国Shopガイド」「DOS/V DataFile」
★ 特別付録「時代を作った名品が月替わりピンナップで!名パーツカレンダー 2016」「パーツの役割や組み立て手順が分かる! 保存版PC 自作スタートブック 2016」(紙版のみ別途付録、電子版では本誌巻末に収録)

★ 紙版を買うと電子版(PDF)を無料ダウンロード可能
★ 毎月700円(税込)で最新号が読める 直販電子版 月額プランも受付中
http://book.impress.co.jp/teiki/dvpr/2015-12-22-0000.php

【電子販売ショップ】

(AKIBA PC Hotline!編集部)