パワレポ連動企画

ユーティリティによるPCの静音化やUEFIアップデートに関するテクニック

【自作PCチューニング技術大全100(6)】

DOS/V POWER REPORT 2016年4月号

 こだわりの自作PC専門誌「DOS/V POWER REPORT」の特集をほぼまるごと紹介するこのコーナーでは、「2016年4月号」の第1特集「もう一手間、一工夫でアナタのPCがグッと使いやすく快適に!! 自作PCチューニング技術大全100」を掲載する。

 第6回目では、PCの静音化に効果大のファン制御ユーティリティや、マザーボードの機能を使ったUEFIのアップデート方法を解説する。

 本特集が掲載されているDOS/V POWER REPORT 2016年4月号は全国書店、ネット通販にて2月29日(月)に発売。第1特集のほか、第2特集は最新OSの現在の姿を解説する「リリース時とはもう違う。現在形、分かってる? Windows 10知っておきたい10のこと。」、まずはデータ保存から始めよう、低コストで導入できるモデルを紹介「転ばぬ先のバックアップ! 1万円台で買えるお手頃NASキット」、マルチディスプレイやライトゲームに、内蔵GPUからのパワーアップを目指す「チョイ足しアップグレードで効果大! 格安ビデオカードセレクション」、外出先でも2画面で!「いつでもどこでも手軽に使える モバイル液晶ディスプレイ大集合」など、特別企画も満載。人気の連載記事、橋敏也氏による「橋敏也の改造バカ一台」や本Web連載中のAKIBA限定!わがままDIY+の本編「わがままDIY」も掲載だ。

 今号の特別付録は「小型PC向けパーツ大百科」。メインマシンもサブマシンもコンパクトにまとめる時代です!


-自作PCチューニング技術大全100-
静音化やUEFIアップデートに関するテクニック〜マザーボード編 その2〜


マシンの機能や性能を十二分に発揮させよう
マザーボード編

 マザーボードはPCの根幹となるパーツだけに、使い方しだいでは接続されるデバイスの性能や機能を活かし切れないこともある。

 ここではマザーボードに関する基本的な設定方法から便利機能の活用法、ちょっと上級のテクニックまで、使いこなしの技を紹介しよう。

22. ファン制御ユーティリティを使えば簡単にマシンを静音化できる   難易度★★

 ASRock、ASUSTeK、GIGA-BYTE、MSIといった主要メーカーのマザーボードには、CPUクーラーのファンやケースファンなどマザーボードに接続したファンの回転数をコントロールできるユーティリティが付属しているものが多い。これらのユーティリティを使用すると簡単にマシンの静音化を図ることができる。

 下に掲載しているグラフは、ASUSTeKの「Fan Xpert 3」を使用して静音化を図った結果を記したものだが、高負荷時の動作音は、各種ファンの回転数を自動調整した状態(標準)で9.8dB、サイレントプロファイル適用時で13dB静かになった。多くのPCケースに付属しているハードウェアファンコントローラよりも柔軟かつ、容易に設定できるので積極的に活用したい。

ASUSTeK Fan Xpert 3で静音化を行なう

1.Fan Xpert 3を起動する
2.自動調整の実行
Fan Xpert 3を起動して、「ファンの調整」ボタンを押す
マザーボードに接続されている各ファンの性能を検出して最適化が行なわれる
3.自動調整の終了
4.より静音化することもできる
この画面が出ると調整は終了。冷却と静音性のバランスが取れた状態となる
サイレントプロファイルを適用すると、各種ファンの回転数が下がり、より静音性を高めることができる
Fan Xpert 3の設定による動作音とCPU温度の違い

各メーカーのファン制御ユーティリティ

ASRock FAN-Tastic Tuning
FAN-Tastic Tuningでは、自動設定に加え、各種ファンの回転数を手動で細かく設定することもできる
GIGA-BYTE Smart Fan
Smart Fanには、画面のSmart Fan Autoのほか、手動で細かく設定できるSmart Fan Advancedがある
MSI COMMAND CENTER
COMMAND CENTERでマザーボードに接続した各種ファンの回転数を自動または手動で調整することができる

【検証環境】

CPU:Intel Core i7-6700K(4GHz)
マザーボード:ASRock Z170 Extreme6(Intel Z170)
メモリ:Micron Crucial CT4K4G4DFS8213(PC4-17000 DDR4 SDRAM 4GB×4 ※2枚のみ使用)
グラフィックス機能:Intel Core i7-6700K内蔵(Intel HD Graphics 530)
SSD:Micron Crucial m4 CT128M4SSD2(Serial ATA 3.0、MLC、128GB)
CPUクーラー:CRYORIG R1 Universal
PCケース:Fractal Design Define R4
OS:Windows 10 Pro 64bit 版
室温:20.7℃
暗騒音:27.5dB
動作音測定距離:PCケースの前面から10cm
アイドル時:OS起動10分後の値
高負荷時:OCCT 4.4.2 POWER SUPPLY テストを10分間動作させたときの最大値
CPU温度:HWMonitor 1.28のCPU Temperatures のPackageの値

23. UEFIをアップデートしてシステムを最新の状態にする   難易度★★

 マザーボードの不具合の改善や機能の追加などは、UEFIのアップデートという形で行なわれる。システムに原因不明の問題が発生している場合や、新しいCPUに交換する場合などに有効だ。更新用UEFIファイルはメーカーのWebサイトにアップされている。

 主要メーカーのマザーボードのUEFIセットアップには、USBメモリなどからUEFIをアップデートできるツールが組み込まれており、それらを利用すればUEFIのアップデートは簡単だ。ここではASUSTeKマザーボードのUEFIセットアップに用意されている「EZ Flash 3 Update」を用いたアップデート手順を紹介しよう。なお、マザーボードには、チップセットにZ170を搭載したZ170-Aを使用した。

ASUSTeK EZ Flash 3 Updateを使用したUEFIアップデート

1.UEFIファイルをUSBメモリにコピーする
2.UEFIセットアップを起動する
ASUSTeKのWebサイト(http://www.asus.com/jp/)より最新のUEFIファイルをダウンロード。UEFIファイルは圧縮されているので、展開してUSBメモリにコピーする
UEFIファイルをコピーしたUSBメモリを接続し、マシンの電源を投入、「Del」キーを押してUEFIセットアップを起動する
3.EZ Flash 3 Updateを起動する
4.アップデートファイルの選択
F7キーを押してEZ ModeからAdvanced Modeに移行、ToolメニューからEZ Flash 3 Updateを起動、via Storage Devices(s)を選択して、Nextボタンをクリックする
アップデートファイルの選択画面が起動するので、アップデートするUEFIファイルを選択してEnterキーを押す
5.アップデートの開始
6.マシンを再起動する
2回確認メッセージが出た後、アップデートが開始される。アップデート中は絶対に電源を落とさないこと
「Update successfully! System will be reset!」というメッセージが表示されたら、OKボタンをクリックして、マシンを再起動する
7.不用意に電源を落とさないよう注意
8.アップデート作業の終了
2回確認メッセージが出た後、アップデートが開始される。アップデート中は絶対に電源を落とさないこと
「Update successfully! System will be reset!」というメッセージが表示されたら、OKボタンをクリックして、マシンを再起動する

【Web接続機能を持ったUEFIセットアップは便利】

 ASRockやASUSTeKのマザーボードの中にはUEFIファイルをUEFIセットアップからインターネット経由で入手してアップデートを行なえる機能を持つものがある。

 これらのマザーは、OS未インストール時など別途UEFIファイルを入手する手段がない状態でもUEFIのアップデートを行なうことができる。

[Text by 滝 伸次]


DOS/V POWER REPORT 2016年4月号は2月29日(月)発売】

★第1特集「もう一手間、一工夫でアナタのPCがグッと使いやすく快適に!! 自作PCチューニング技術大全100」
★第2特集「リリース時とはもう違う。現在形、分かってる? Windows 10知っておきたい10のこと。」
★特別企画「転ばぬ先のバックアップ! 1万円台で買えるお手頃NASキット」「チョイ足しアップグレードで効果大! 格安ビデオカードセレクション」「いつでもどこでも手軽に使える モバイル液晶ディスプレイ大集合」
★連載「最新自作計画」「自作初心者のための[よくある質問と回答]」「New PCパーツ コンプリートガイド」「激安パーツ万歳!」「橋敏也の改造バカ一台」「PCパーツ スペック&プライス」「全国Shopガイド」「DOS/V DataFile」
★ 特別付録「メインマシンもサブマシンもコンパクトにまとめる時代です! 小型PC向けパーツ大百科」(雑誌のみ別途付録、電子版では本誌巻末に収録)

★ 雑誌を買うと電子版(PDF)を無料ダウンロード可能
★ 毎月700円(税込)で最新号が読める 直販電子版 月額プランも受付中
http://book.impress.co.jp/teiki/dvpr/2016-02-22-0000.php

【電子販売ショップ】

(AKIBA PC Hotline!編集部)