ニュース

連続待受はなんと1ヶ月以上! 「ZenFone 3 Max」の5.5型モデルがデビュー

CPUやディスプレイ解像度がスペックアップ

 連続待ち受け38日間をうたうASUS製のスマートフォンが登場、「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」が発売された。

 店頭価格は税抜き27,790円(税込30,013円)で、販売ショップはソフマップ 秋葉原 本館。本体カラーはグレー、ゴールド、ピンクの3色。

CPUやディスプレイサイズなどが強化されたZenFone 3 MAX

 ZenFone 3 Max(ZC553KL)は、4,100mAhの大容量バッテリーを備えた5.5型のSIMロックフリースマートフォン。今年1月に発売された「ZenFone 3 Max(ZC520KL)」の上位モデルで、基本機能を継承した上でスペックアップが図られている。

 従来モデルからの主な強化点は、搭載CPUがMediaTek MT6737M 1.25GHzからQualcomm Snapdragon 430 1.3GHzに、ディスプレイが5.2型/1,280×720ドットから5.5型/1,920×1,080ドットに、メモリ容量が2GBから3GBに、ストレージ容量が16GBから32GBになった点など。また、カラーラインナップはシルバーに代えてピンクが新たに追加されたほか、au VoLTEもサポートしている。OSはAndroid 6.0.1。

 主な搭載デバイス・インターフェイスはIEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bleutooth 4.1、1,600万画素リアカメラ、指紋センサー、GPS、ジャイロスコープなど。従来モデルと同じように、他の端末を充電できる「リバースチャージ機能」も搭載されている。

 端末はデュアルSIM仕様で、対応ネットワークはFDD-LTEがバンド1/2/3/5/7/8/18/19/26/28、TD-LTEがバンド38/41、3G(W-CDMA)がバンド1/2/5/6/8/19など。なお、SIMカードスロットはどちらもLTEに対応するが、デュアルスタンバイには対応しない。

 本体サイズは約76.2×151.4×8.3mm、重量は約175g。

[撮影協力:ソフマップ 秋葉原 本館]