ニュース

「ドスパラタブレット」が9,980円で発売、人気で完売

年内は予約必須?

 9,980円でデュアルコア、というコストパフォーマンスの高い7インチタブレット「ドスパラタブレット」の発売が始まった。

 ドスパラ秋葉原本店にはデモ機も登場、利用感も確認できる。

 もっとも人気の高さから予約で完売、次回入荷に関しては「年末〜年始にお渡しできる予定」(ショップ)という。店頭での在庫販売は年明け以降になりそうな気配だ(販売情報に関しては「今週見つけた新製品」も参照のこと)

 発売された「ドスパラタブレット」ことA07I-D15Aは、Cortex-A9のデュアルコアSoC(1.5GHz)や1GBメモリを搭載するAndroid 4.1タブレット。

 1万円以下という安さの割に性能が高いのが特徴で、液晶も7インチ(1,024×600ドット/IPS(*1))品を搭載、200万画素のフロントカメラや加速度センサー、IEEE 802.11b/g/n対応の無線LANなどを搭載。このほかmicroSDスロットやOTG対応のmini USBコネクタ、ヘッドホン出力、miniHDMIなども備える。BluetoothやGPSなどは非搭載。

 バッテリー容量は3,700mAhで、最大使用時間は約6時間、充電時間は約3時間。重量は340g。ドスパラブランドの製品で、日本語マニュアルや国内向けの保証書も付属、もちろん技適マークもついている。

 なお、アプリについては、日本語入力ソフトのSimejiやマーケットアプリのTapnowを標準搭載するが、Google Playは非搭載。

 1万円前後の国内向け格安タブレットは、いくつかの製品が出ているが「1万円以下でデュアルコア」というのはごく少数。近い仕様の製品としては、Kindle Fire(12,800円/デュアルコアOMAP4430 1.2GHz/メモリ1GB)がある程度だ。

 コストパフォーマンスは高さから、発表直後から注目されていたが、どうやら当分、品薄が続くことになりそうだ。

*1 液晶の仕様については、その後「確認中」とドスパラが告知。詳細は同社に確認中です。(2/19)

[撮影協力:ドスパラ秋葉原本店]

ドスパラ A07I-D15A