ニュース

Windows 8が高速起動するビデオカードに廉価品

UEFI準拠、最安8,990円

 Windows 8の高速起動への対応をうたったビデオカードが増加、Club 3Dからファンレスモデルなど3種類が新たに発売された。いずれも実売1万円以下と安価だ。

 実売価格は、ファンレスの「Radeon HD 7750 royalQueen」が9,580円、LowProfile対応の「Radeon HD 7750 Low Profile」が9,980円、最も廉価な「Radeon HD 7750」が8,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

UEFI準拠、Windows 8を高速起動

 UEFIへの準拠と、Windows 8のいわゆる「Fast Boot」への対応をうたったビデオカードについては、これまでに同社からRadeon HD 7970/7870を搭載した実売2〜3万円程度の上位製品が登場しているが、今回の3モデルはミドルレンジのRadeon HD 7750が搭載。

 いずれも実売1万円以下という安さが魅力で、最安モデルは9千円を切る。これで、UEFIビデオカードも安価に入手できるようになった形だ。

 メモリ容量やクロックなどのスペックは3モデル共通。搭載メモリはGDDR5 1GB、クロックはコア800MHz、メモリ4,500MHz。

 搭載映像端子は、Radeon HD 7750 royalQueenとRadeon HD 7750がDisplayPort/HDMI/DVI、Radeon HD 7750 Low ProfileがHDMI/DVI/VGA。また、ファンレスのRadeon HD 7750 royalQueenのみ隣接スロット占有タイプで、他の2モデルは1スロットタイプ。

[撮影協力:ドスパラパーツ館]