ニュース

通話ができるBluetooth手袋が発売、親指にイヤホン、小指にマイク

(1/17 更新)灰色モデルの入荷を確認。写真を追加。

 通話機能を備えたユニークな「Bluetooth手袋」が発売された。

 Bluetoothヘッドセットの機能を搭載した製品で、手袋を着けたままスマートフォンのタッチ操作も行なえる。実売価格は6,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

親指にイヤホン、小指にマイク「電話のジェスチャー」でそのまま通話

 この製品は、「Bluetooth talking glove」というノーブランド品。

 右手の親指部分にイヤフォンが、小指部分にマイクが内蔵されており、スマートフォンなどとペアリングして通話が行なえる。親指と小指を立てて顔の横に当てる「電話のジェスチャー」で、まさに通話ができるというのもなかなかユニークだ。

 また、手袋を着けたまま親指、人差し指、中指でスマートフォンなどの画面のタッチ操作も行なえる。

 手首の部分には、各機能ボタン(電源ON/OFF、リセット、リダイヤル)や音量調節ボタン、状態表示LEDを装備した小型ユニットが装着。ユニットにはUSBケーブルで充電する。バッテリー容量は130mAh(3.7V)で、充電時間は2〜4時間、動作時間は通話6時間、スタンバイ1〜5日間とされている。

 なお、これらの通話機能を備えるのは右手のみ。左手はタッチ操作は可能なものの、通話機能は非搭載。また、左右とも普通の手袋より厚手のため「手が大きいと入らないかもしれない」(同店)という。販売されているサイズは1種類のみ。カラーはブラックとグレーの2タイプある。

 ちなみに、同様の機能を持つ製品としては、伊hi-Funの「hi-Call」がある。

[撮影協力:Jan-gle 秋葉原本店]