ニュース

PCで使える4K2Kディスプレイ発売、IGZO採用

 業務用の4K2Kディスプレイが登場、シャープの32インチ液晶ディスプレイ「PN-K321」のデモ機がPC DIY SHOP FreeTに入荷、受注販売中だ。DisplayPort/HDMIを備え、PCとの接続も可能。同店は動作デモも行なう予定としている。実売価格は398,000円。納期は1ヶ月程度(詳細は「今週見つけた新製品
」参照のこと)。

IGZO技術を採用

IGZO技術採用
背面の様子
コネクタ類
付属のACアダプタ
ゲームソフト「City of Gangsters」を表示
「City of Gangsters」の設定画面
弊誌を表示した様子
価格は398,000円

 PN-K321は3,840×2,160ドットの解像度を持つディスプレイ。4K2Kディスプレイは、1台でフルHDディスプレイ(1,920×1,080ドット)4画面分の情報が表示できる高精細が特長だ。

 PN-K321では同社独自開発の「IGZO技術」を採用。IGZO技術により高精細化・高輝度化を実現したほか、専用設計のエッジ型LEDバックライトが搭載可能となり、ディスプレイ部の奥行きを約35mmに抑えたとしている。

 映像インターフェイスはDisplayPort×1、HDMI×2。3,840×2,160ドット/60pに対応するのは、DisplayPortマルチストリーム入力時またはHDMI 2系統入力時で、HDMI 1系統入力時は30pまでとなるとされている。

 このほか、HDMI接続時は4,096×2,160ドット(リフレッシュレート24Hz)でも使用可能とのこと。640×480ドット、1,920×1,080ドットなどの表示モードもサポートしている。

 また、4K2K出力を行なうには、AMD FirePro W600搭載カードなどプロユースのビデオカードも必要となる。なお、AMD FirePro W600のPN-K321への対応状況は不明。

 液晶パネルの主なスペックは、輝度350cd/平方メートル、コントラスト比800:1、視野角が左右/上下とも176度、応答速度8ms(GtoG)。

 本体サイズ(約)は幅750×高さ489〜634×奥行き256mm(スタンドを含む)、重量は約7.5kgで、ステレオスピーカー(2W+2W)を内蔵。音声入力・出力端子も備える(各ステレオミニジャック)。

 付属品はACアダプタ、CD-ROM、DisplayPortケーブルなど。

[撮影協力:PC DIY SHOP FreeT]

シャープ PN-K321