ニュース

ひっくり返すと別モード、置き方で機能が変わるユニークHDDが登場

「B面」ならバックアップソフトもブート可能

 置き方によって機能が変わるという、なんともユニークなポータブルHDD「HDPD-AUTシリーズ」がアイ・オー・データから発売された。

 Gセンサーを搭載、落下時に自動で電源OFFするという強固なプロテクションも特徴だ。

 店頭販売を確認したのはブラックカラーの容量500GBモデル「HDPD-AUT500K」と1TBモデル「HDPD-AUT1.0K」の2種類で、実売価格は順に9,980円と13,480円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。このほか、ホワイトカラーの2種類もラインナップされている。

本体をひっくり返すと別モード「B面」ならバックアップソフトもブートOK

 HDPD-AUTシリーズは、USB 3.0接続のコンパクトな外付けHDDで、落下対策としてGセンサー(3軸加速度センサー)を内蔵しているのが最大の特徴。

 非常にユニークな機能である「向きによる機能切り替え」は、このGセンサーを応用したものだ。

 この製品は、外付けHDDの機能に加え、HDD領域を光学ドライブとして認識させる仮想ドライブ機能を持っているが、「ひっくり返す」ことで、この機能が切り替わる。具体的には、A面(「G-SENSOR」ロゴのある面)を上にしてドライブを設置すると、書き込みもできる「仮想DVD-RW」として、B面を上にした場合は本体プリセットのソフトが利用できる「仮想サポートソフトCD-ROM」として動作する。

 「B面」にはバックアップアプリ「True Image 2013」(Windows用)の起動イメージも入っており、B面のままCDブート、バックアップからPCを復帰させる、といったことまで可能という。

Gセンサーで衝撃検知、落下を検知すると電源OFF

 また、そもそものウリである耐衝撃機能は、「Gセンサーで落下を検知するとHDDの電源をオフにする」というもの。

 ケース自体も耐衝撃性を持っており、外装に熱可塑性ポリウレタンエラストマー、内装にポリカーボネートを採用、同社は「適度な硬さと弾力性を併せ持つ耐衝撃性ボディ」とうたっている。ケース内部の四隅には、衝撃を吸収するというダンパーも内蔵されている。

 高さ122cmからの落下試験に合格しており、米軍規格「MIL-STD-810F」に準拠しているとされている。

 なお、「遊びの機能」とも言えるが、Gセンサーが検出したHDDの姿勢を表示するアプリも用意。3Dモデリングで具体的な姿勢を確認することもできる。

 本体サイズ(約)は幅84×奥行き120×高さ19mm、重量は約370g。電源はUSB経由で供給される。対応OSはWindows 8/7/Vista/XP、Mac OS X 10.6〜10.8。付属品はUSB 3.0ケーブル2本(30cm/80cm各1本)。付属アプリは、本体の「仮想サポートソフトCD-ROM」領域に収録されている。

 Gセンサーはスマートフォンなどで活用されているが、「上を向いた面に合わせて機能を切り替える」というアイデアはあまり見ない。筐体デザインと組み合わせて使うと、「多様なモードを簡単に切り替えて使う」といったこともできそうで、ちょっと興味深いアイデアと言えそうだ。

[撮影協力:ソフマップ 秋葉原 本館]

アイ・オー・データ HDPD-AUT