ニュース

「AMD正式版のRadeon HD 7990」が発売、メーカー独自版よりも高速

 “AMD正式版Radeon HD 7990”を搭載したビデオカード「HD7990 6G GDDR5 PCI-E DVI-I/QUAD MINI DP(21207-00-40G)」がSAPPHIREから発売された、実売価格は149,800〜157,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

「AMD正式版Radeon HD 7990」を搭載メーカー独自版よりも高速

 Radeon HD 7990については、カードメーカーが「HD 7970のデュアル構成」とうたうGPUを搭載したカードが発売済みだが、今回の製品は、AMDが米国時間の4月24日(水)に発表した、いわば“正式版”を搭載したもの。

 正式版は、HD 7970 GHz Editionと同じTahitiコアを2基搭載したものとされ、従来版との主な違いはコアクロック。従来版の搭載カードは、コアクロックが900MHzとされた製品が主だったが、正式版では通常950MHz、ブースト時1GHzとアップしている。

 その他の主なスペックは、対応メモリがGDDR5 6GB、メモリクロック1,500MHz(データレート6,000MHz)、SP数4,096、テクスチャユニット数256、ROPユニット数がZ/ステンシル256、色処理64。

 公称の演算能力は単精度8.2TFLOPs、倍精度2.04GFLOPsで、HD 7970 GHz Edition(単精度4.3TFLOPs、倍精度1.01TFLOPs)のほぼ2倍となっている。

 また、マルチディスプレイ技術のAMD Eyefinityも搭載されており、DisplayPort 1.2のマルチストリームにより最大6画面出力に対応。DisplayPort/HDMI端子は4K出力(最大4,096x2,160ドット)にも対応する。

 なお、3月に発売されたASUSの「ARES2-6GD5」は、独自にHD 7970 GHz Editionを2基搭載したカードで、コアクロックが通常1,050MHz、ブースト時1,100MHz、メモリクロックが1,650MHz(データレート6,600MHz)と、正式版HD 7990より高いクロックが実現されている。

[撮影協力:ソフマップ 秋葉原 リユース総合館]

SAPPHIRE 21207-00-40G