ニュース

Intel製SSDに謎の新製品、コントローラ不明

サーバ向けの下位モデル?

(5/18 16:02更新)SSD本体の写真などを追加

 Intel製SSDの新製品が登場、容量120GBモデルの「SSDSC2BB120G401」など計4モデルが販売中だ。

 容量は120GB、160GB、300GB、480GBの4モデルで、実売価格は順に15,900円、20,900円、38,900円、64,800円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 同社のサーバ向けSSDとみられるが、公式な情報がまだなく、搭載コントローラなどは不明。仕様については「公称リード400〜450MB/s」と告知しているショップもある。

データセンター向けSSDの下位モデル?

 今回販売されているのは、「Intel SSD DC S3500シリーズ」(複数ショップ)とされる茶箱入りのもの。

 製品名や仕様は先述の通り不明だが、型番から推測するとデータセンター向けSSD DCシリーズに属し、既存のS3700シリーズの下位に当たると思われる。

 また、パソコンショップ アークでは、同社の通販ページにやや詳しい仕様を掲載しており、それによると搭載フラッシュは20nmプロセスのIntel製MLCタイプ、フォームファクタは2.5インチ/7mm厚、SATAインターフェイスは6Gbps対応としている。搭載コントローラーは非公開という。

 同店はパフォーマンスも記載しており、120GBモデルでリード最大400MB/s、ライト最大130MB/s、480GBモデルで同450MB/s、380MB/sという。480GBモデルのIOPSは、ランダム4Kリード72,000IOPS、ライト9,000IOPS(いずれも最大値)。

 なお、さらに大容量のモデルもラインナップされている模様で、海外のPCパーツ通販サイトでは800GBモデル「SSDSC2BB800G401」の予約受け付けも行なわれている。

[撮影協力:パソコンショップ アークBUY MORE秋葉原本店ツクモパソコン本店IIパソコンハウス東映]

Intel SSDSC2BB120G401