ニュース

東芝製のmSATA-SSDが初登場、人気モデル「HG5d」のmSATA版

 東芝製のmSATA-SSDが店頭初登場、人気SSD「HG5d」のmSATA版3モデルが発売された。

 発売されたのは容量60GB/128GB/256GBの3モデルで、実売価格は7,980〜26,480円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

人気SSD「HG5d」のmSATA版

 基本的な仕様は2.5インチ版とほぼ同じ。公称スペックは最大リード534MB/s、最大ライト450MB/s(60GB)または471MB/s(128GB/256GB)で、対応インターフェイスは6Gbps SATA。動作電圧と消費電力のみ変更されており、動作電圧は5Vから3.3Vに低下、消費電力も2.1〜3.3Wから2.1〜2.7W(リード時)に減少している。

 採用されているNANDフラッシュも、2.5インチ版と同じ東芝製の19nm MLC品。採用コントローラはMarvellと東芝の両刻印が入ったものだ。

 なお、実測値についてはBUY MORE秋葉原本店が店頭告知しており、リード速度についてはおおむね520MB/s、ライト速度については450〜470MB/sといった値が出ている。

[撮影協力:BUY MORE秋葉原本店]

東芝 HG5d