ニュース

M.2対応のSSDが初登場、Intel製、ただし6Gbps SATA対応品

 新世代の小型拡張スロット「M.2」対応のSSDが店頭初登場、Intel製SSD「Solid-State Drive 530」シリーズのM.2タイプが発売された。

 ただし、接続信号は従来同様の6Gbps SATA。M.2の本命として期待されているPCI Express対応タイプではないので要注意。

 販売されているのは容量80GBモデル「SSDSCKGW080A401」と180GBモデル「SSDSCKGW180A401」の2種類で、実売価格は順に11,800円と17,880円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。このほか、120GBモデルと360GBモデルがラインナップされている。

2.5インチモデルと同スペックの6Gbps SATA対応品M.2の本命は今後登場?

 M.2スロットに対応したSSDは、ソニーなどが一部自社製PCに採用しているが、パーツ単品での販売を確認したのはこれが初。

 M.2では、SATAのほかにもPCI Expressが利用できるため、ソニーのノートPC「VAIO Pro 13」ではPCI Express接続のM.2 SSDを採用、20Gbpsという超高速転送を実現している。

 一方、今回発売された製品は、PCI ExpressではなくM.2の6Gbps SATA信号を利用したもので、公称スペックもリード540MB/s、ライト480〜490MB/s程度。これは同シリーズの2.5インチタイプなどと同等だ。

 そうした点は残念だが、PCI ExpressのM.2 SSDは対応するBIOS(UEFI)がないと起動に利用できないことが知られており、対応BIOS(UEFI)を搭載した自作向けマザーボードも今のところ未確認。PCIe接続の高速M.2 SSDが出回るのは、対応マザーボードの登場後、ということになるのかもしれない。

 なお、今回発売された80GB/180GBモデルのフォームファクタは、基板長80mm、モジュール厚さ2.23mmとスリムな「2280-S2-B-M」と呼ばれるもの。メモリチップは片面に搭載されているという。ちなみに、120GB/360GBモデルは両面搭載の「2280-S2-B-M」が採用されており、厚さは3.58mmとなっている。

[撮影協力:テクノハウス東映パソコンショップ アーク]

Intel SSD 530