ニュース

Micronの最新SSD「Crucial M550」が発売、低容量の性能が向上

2.5インチとmSATA

 低容量モデルの性能が大幅に向上したというMicron製SSDの新製品「Crucial M550」が発売された。販売されているのは2.5インチタイプの容量128GB、256GB、512GB、1TBとmSATAタイプの128GB、256GB、512GBで、実売価格は2.5インチタイプが10,500〜54,800円、mSATAタイプが10,500〜35,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

「Crucial M500」の上位モデル、低容量の書き込みが向上

 Crucial M550は、昨年4月に登場した「Crucial M500」の上位グレードに位置付けられる6Gbps SATA対応SSD。

 データ転送速度が向上したのが主な特徴で、M500との比較で、公称の最大シーケンシャルアクセス性能が、リード500MB/s→550MB/s、ライト400MB/s→500MB/s、最大ランダムアクセス性能がリード80,000IOPS→95,000IOPS、ライト80,000IOPS→85,000IOPSと向上したほか、256GB以下の低容量モデルでも高い性能を実現したという。

 特にM500ではライト性能が上位モデルに比べて低く、240GBモデルで250MB/s・60,000IOPS、120GBモデルで130MB/s・35,000IOPSと、シリーズ最大値を大きく下回っていたが、M550では256GBモデルで500MB/s・80,000IOPS、128GBモデルで350MB/s・75,000IOPSと改善している。

 製品には、20nmプロセスの同社製MLC NANDフラッシュと、Marvell 88SS9189コントローラが搭載。

 信頼性に関するスペックはM500と同じで、MTTF(平均故障時間)が120万時間、TBW(総書き込み容量)は72TBとされている。後者については「1日あたり40GBのライトを行なった場合で5年間に相当する」(同社)という。ただし、製品の保証期間は3年間。

 なお、今回登場した2.5インチタイプやmSATAのほか、M.2タイプもラインナップされており、4月以降に順次出荷を開始するとしている。ただし、1TBモデルは2.5インチタイプのみとなる。

[撮影協力:BUY MORE秋葉原本店]