ニュース

Plextorの最新SSD「M6」シリーズが発売、税込8千円から

2.5インチSATAとmSATAモデル

(4/5 16:19更新)販売を確認。キャンペーン情報を追記。

 Plextor製2.5インチ/mSATA SSDの新モデルが登場、2.5インチの「M6S」シリーズ 128GB/256GBモデル「PX-128M6S」「PX-256M6S」と、mSATAの「M6M」シリーズ 64GB/128GB/256GBモデル「PX-64M6M」「PX-128M6M」「PX-256M6M」が発売された。店頭価格(税抜き)は2.5インチモデルが10,800〜18,800円、mSATAモデルが7,480〜20,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 このほか、2.5インチ/mSATAとも最上位の512GBモデルが用意されているが、国内代理店の1つであるアユートでは、4月下旬〜5月初旬に発売を予定しているという。

Marvell製コントローラ「88SS9188」を採用したSSD

 M6SとM6Mは、サーバーグレードを謳うMarvell製コントローラ「88SS9188」を採用したという6Gbps SATA対応SSD。

 2.5インチタイプのM6Sには、東芝製のToggle NANDフラッシュが採用。同社独自のファームウェア技術と組み合わせることで高いパフォーマンスを実現したとしている。省電力性も向上しており、前世代の「M5S」に比べ消費電力が30〜50%減少したという。

 容量は128GB、256GB、512GBの3種類。公称の最大性能値は、シーケンシャルアクセスがリード520MB/s、ライト300〜440MB/s、ランダムアクセスがリード88,000〜94,000IOPS、ライト75,000〜80,000IOPS。キャッシュ容量は、128GBモデルが256MB、256GBモデルが512MB、512GBモデルが768MB。

 mSATAタイプのM6Mでは、前世代の「M5M」にはなかった大容量の512GBモデルがラインナップされたのがトピック。さらに、88SS9188コントローラと同社独自のTrue Speed技術の組み合わせにより、パフォーマンスと信頼性を強化したという。

 容量は64GB、128GB、256GB、512GBの4種類。公称の最大性能値は、シーケンシャルアクセスがリード520MB/s、ライト160〜440MB/s、ランダムアクセスがリード73,000〜94,000IOPS、ライト42,000〜80,000IOPS。キャッシュ容量は、64GBモデルが128MB、128GBモデルが256MB、256GBモデルが512MB、512GBモデルが768MB。

 また、M6S/M6Mともに、テストソリューションプロバイダである米Flexstarの設備を使用した過酷な耐久試験を実施したとのこと。48時間連続で行なうリード/ライトテスト、アイドル/スリープ/休止モードを4,000回繰り返すテストなどをクリアしたという。公称のMTBFは150万時間。製品の保証期間は3年間。

 なお、国内代理店のリンクスインターナショナルではM6シリーズの発売を記念して、同シリーズの購入者にPCケースやマザーボードなどが当たる「Plextor SSD M6シリーズ発売記念キャンペーン」を3月29日(土)から実施中。キャンペーン対象となるのは同代理店扱いのM6シリーズで、そのほかの国内代理店(アユートやアイティーシー)、中古品などは対象外。実施期間は4月30日(水)まで。応募受け付けはリンクスインターナショナルの専用サイトで行っている。

[撮影協力:ツクモeX.パソコン館パソコンショップ アーク]

Plextor M6S