ニュース

BMWとのコラボマウス「LEVEL 10 M」の無線モデルが展示

ロジクールはゲーミングマウスの新モデルを紹介

LEVEL 10 M Hybrid

 合計16社の最新ゲーミングデバイスを紹介するイベント「ゲームデバイス大展示会」が、ツクモパソコン本店で29日(火)に開催された。

 各社とも未発売製品を中心に多数のゲーミングデバイスを展示、その様子を写真でお伝えしよう。

Tt eSPORTSはBMWとのコラボマウス「LEVEL 10 M」の無線モデルを紹介

LEVEL 10 M Hybrid
LEVEL 10 M Hybrid
LEVEL 10 M Hybrid
LEVEL 10 M Hybrid
LEVEL 10 M Headset Red
BLACK Snow Edition
CHALLENGER Go
Poseidon ZX
DRACONEM
TEAM DK Mouse pad

 Tt eSPORTS(Thermaltake)は未発売製品を多数展示。中でもBMWデザイン部門とコラボレーションした「LEVEL 10 M Hybrid」は、ワイヤレスマウスでありながら先端部分に“角”のような突起物を備える独特の外観から注目を集めた。ちなみにこの突起物は一部がキャップになっており、取り外すとUSBコネクタが出現、ケーブルを接続することで有線式マウスとして利用できるという。

 このほか、同社のブースでは鮮やかなレッドカラーのヘッドセット「LEVEL 10 M Headset Red」(5月上旬発売)、表面がグラスコーティング仕上げの有線式マウス「BLACK Snow Edition」(5月上旬発売)、メンブレンタイプのキーボード「CHALLENGER Go」(5月中旬〜下旬発売)、Thermaltake認定のブルースイッチを採用したというコンパクトキーボード「Poseidon ZX」(5月中旬〜下旬発売)、着脱式のマウスバンジーを備えたマウスパッド「DRACONEM」(5月上旬発売)、ゲーミングチームとのコラボマウスパッド「TEAM DK Mouse pad」(参考展示)が展示されていた。

ロジクールはウェイト調整機能付きの有線式マウス「G502」を展示

 ロジクールは新たな有線式オプティカルマウス「G502」を展示していた。

 ウェイト調整機能付きのゲーミングマウスで、プログラミング可能な11個のボタンや解像度切り替え(200dpi〜12,000dpi)ボタンなどを備えている。

 発売日は5月16日(金)で予価は6,980円前後の予定。

[撮影協力:ツクモパソコン本店]