ニュース

サイズ製CPUクーラーの新モデルが登場、大型の「無限大」と薄型の「小太刀」

MUGEN MAX

 サイズ製CPUクーラーの新モデルが登場。サイドフロー型の大型モデルMUGEN MAX(無限大)と、ファン込みの全高が34mmの薄型モデルKODATI(小太刀)の2製品が発売されている。

 店頭価格はMUGEN MAXが税込6千円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)、KODATIが税込3千円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

オリジナル設計の大型サイドフローCPUクーラー「MUGEN MAX」

 MUGEN MAXはサイズオリジナル設計の大型サイドフローCPUクーラー。ニッケルメッキ仕様の6mm径ヒートパイプ6本を使用した同社製CPUクーラーの上位モデル。

 4ブロック化されたフィンは、エアフローの損失を最小限に抑えた風量重視の設計とされており、メモリとの干渉も考慮したものになっているという。

 ファン搭載時の本体サイズは145mm(W)×161mm(H)×110mm(D)。搭載ファンはラウンドフレームの14cmファンで、回転数は500〜1,300rpm。

 主な対応CPUソケットはLGA2011/115x、Socket AM3+/FM2+など。

ファン込みで全高34mmのMini-ITX向けCPUクーラー「KODATI」

 KODATIはファン込みの全高がわずか34mmの薄型CPUクーラー。

 Mini-ITX環境向けの小型モデルで、本体サイズは82.5mm(W)×34mm(H)×95mm(D)。搭載ファンは8cm角のもので、回転数は800〜3,300rpm。

 主なCPU対応ソケットはLGA115x、Socket AM3+/FM2+など。

[撮影協力:ドスパラパーツ館テクノハウス東映]