ニュース

“ほぼ無音”という独be quiet!の冷却ファンが発売

気流を最適化する独自設計のブレードを採用、高寿命34年

 「ドイツNo.1」(ディラック)というPCパーツメーカー「be quiet!」の静音ファンが、国内代理のディラックから登場、「SILENT WINGS2」シリーズが発売された。

 ラインアップは通常タイプ(3ピン電源コネクタ)の120mm/140mmモデルとPWMタイプ(4ピン電源コネクタ)の120mm/140mmモデルの計4モデルで、店頭価格(税抜き)は3,200〜3,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 ディラックが用意した店頭POPには「体感としてほぼ無音」「静かさ、極まる」「34年もの高寿命ファン」などと書かれている。

気流を最適化する独自設計のブレードを採用

 be quiet!はドイツPCハードウェア専門誌の読者投票(電源・ケースファン部門)で長年No.1を獲得している海外の人気メーカー。ディラックによると、同社の静音は「高い冷却能力を有している」という。

 国内初登場となるSILENT WINGS2シリーズは静粛性の高さを売りとしたPC用ファン。気流を最適化する独自設計のブレード(羽根)や防振マウンタ、ゴム加工されたフレームなどを用いることで大幅にノイズを低減したほか、工業グレードの潤滑剤を用いた流体軸受により、最大30万時間の長寿命を実現したという。

 ファン回転数とノイズレベルは、通常タイプの120mmモデルが1,500rpm/15.7dB、140mmモデルが1,000rpm/15.8dB、PWMタイプの120mmモデルが1,500rpm/16.5dB、140mmモデルが1,000rpm/16.4dB。

 本体の厚さは25mm。ファンの固定用パーツはプッシュピンとネジの2種類が付属する。

 なお、be quiet!製品はこのほかに、静音ファンを採用したPC電源「DARK POWER PRO 10」「STRAIGHT POWER E9 CM」「PURE POWERL8」の各シリーズ合計9モデルも発売されている。

[撮影協力:ツクモパソコン本店]

be quiet! SILENT WINGS2