ニュース

3,200×1,800ドットのIGZO搭載、RazerのゲーミングノートPCが登場

Core i7+GeForce GTX 870M搭載、10点マルチタッチ対応

(7/19 20:07更新)販売を確認。

 3,200×1,800ドットの14インチIGZOパネルを搭載したRazerの薄型ゲーミングノート「Blade」が19日(土)に発売された。Core i7やGeForce GTX 870Mも搭載する。

 ツクモパソコン本店ツクモeX.パソコン館パソコンショップ アークではデモ機が展示中。店頭価格は税込297,000〜330,000円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

ゲーム向けとしては世界最薄のノートPC、厚さ17.8mm

 Bladeは、ゲーム向けとしては世界最薄という厚さ17.8mmのハイエンドノートPC。過去にもBladeシリーズの製品は発表されているが、日本での発売は今回が初となる。

 今モデルでは、ディスプレイに光沢タイプのIGZOパネルが採用。14インチで3,200×1,800ドットの高解像度を実現したほか、従来モデルと比べ応答性も向上しており、ゲームプレイに没頭できるとしている。最大10ポイントのマルチタッチもサポートする。

 本体サイズは幅345×奥行き235×高さ17.8mm、重量は2.03kg。キーボードはバックライト内蔵で、アンチゴーストに対応するという。

 CPUは4コア/8スレッドのCore i7-4702HQ(クロック2.2GHz、ターボ時最大3.2GHz)、チップセットはIntel HM87、GPUはGeForce GTX 870M(メモリ3GB)、メモリはDDR3L-1600 8GB。ストレージはM.2 SSD(SATA接続)で、容量を128GB、256GB、512GBから選択可能。プリインストールOSはWindows 8.1 64bit。

 主な搭載機能・インターフェイスはHDMI、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0、USB 3.0(3ポート)、Webカメラ(2メガピクセル)。電源は、内蔵の70Whリチウムイオンポリマーバッテリー、または外付けの150W ACアダプタ。

[撮影協力:ツクモパソコン本店ツクモeX.パソコン館]

Razer Blade