ニュース

Intelの開発向けボードに新モデル、「Galileo Gen 2」が発売

32bit版PentiumクラスのQuark X1000を搭載

 IntelのQuark搭載ボードの最新版「Galileo Gen 2」が発売された。基板は初代より若干大型化している。店頭価格は税込7,980円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

32bit版Pentiumクラスの性能を持つというQuark X1000を搭載

製品パッケージ
店頭POP
Quark X1000
コネクタ類
コネクタ類
裏面
初代Galileo(上)との比較
初代Galileo(左)との比較
初代Galileo(上)との比較
初代GalileoのACアダプタ(右)との比較
製品パッケージ
付属品

 Galileo Gen 2は、32bit版Pentiumクラスの性能を持つという同社製SoCのQuark X1000(クロック400MHz、最大TDP 2.3W)を搭載した電子工作・開発向けの小型基板。

 その名の通り、1月に登場した「Galileo」の次世代モデルで、従来は電源(DC入力)の対応電圧が5Vだったのに対し、今モデルでは7〜15Vとなったほか、12のGPIO(汎用入出力)の改善による速度などの向上、12bit PWMによる正確な制御・スムーズレスポンス、12V PoE(Powe-over-Ethernet)のサポートなどを実現したという。

 基板サイズは123.8×72mmへと若干大型化したが(Galileoは10×7cm)、Arduino Uno R3との互換性を持つ点は変わらず、Arduino向けのシールドも利用できる。

 Quark X1000を搭載する点や、メモリ、I/O関連のスペックは従来同様。搭載メモリはシングルチャンネルDDR3-800 256MB(32bit)で、インターフェイスはPCIe 2.0 x1×1、USB 2.0×3、シリアル×1、LAN×1を備える。付属品はACアダプタ、各国用電源変換プラグなど。

 なお、Galileoについては、一定の使用環境においてACアダプタからノイズが発生するとして、ACアダプタの無償交換に応じることが5月に発表されている。

[撮影協力:パソコンハウス東映テクノハウス東映ドスパラパーツ館BUY MORE秋葉原本店]

Intel Galileo Gen 2