ニュース

Radeon R9 285にショート基板採用モデルが追加、SAPPHIRE製

長さは約17cm、OC仕様で2スロット占有タイプ

 カード長が171mmとコンパクトなSAPPHIREのRadeon R9 285搭載ビデオカード「R9 285 2G GDDR5 ITX COMPACT OC(11235-06-20G)」が発売された。占有スロットは2基。店頭価格は税込35,980〜36,700円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

基板サイズ171mmでOC仕様のRadeon R9 285ビデオカード

 先週初登場したRadeon R9 285カードは、いずれのメーカーもカードの長さが200mmを超えていたが、今回の製品は171mmというショートタイプ。

 外部電源の供給が必要で、カードの厚さが2スロット分ある点にも要注意だが、奥行きが短い小型PCケースとの組み合わせに好適と言える。外部電源端子は8ピン×1で、電源ユニットの推奨容量は500W以上とされている。

 搭載メモリはGDDR5 2GB。GPUは標準の918MHzから928MHzにオーバークロックされている。メモリデータレートは5,500MHz。映像端子はMini DisplayPort×2、HDMI×1、DVI×1を備える。

[撮影協力:ツクモeX.パソコン館パソコンショップ アークツクモパソコン本店]