ニュース

過去最安クラス、PCIe接続のM.2 SSDに新モデルが登場

CFD販売ブランド

 CFDブランドのPCIe接続M.2 SSD「SSD M.2シリーズ」が発売された。容量は128GB(CSSD-M2E128HLMEQ)、256GB(CSSD-M2E256HLMEQ)、512GB(CSSD-M2E512HLMEQ)の3種類で、店頭価格は順に税込13,980〜15,100円前後、税込23,800〜29,200円前後、税込45,500〜52,900円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。PCIe接続M.2 SSDとしては、過去最安クラスの製品だ。

PCIe Gen2 x2接続のM.2 SSD、リード最大700MB/s、ライト最大600MB/s

BUY MOREの価格
ドスパラの価格
128GBモデル
128GBモデル
256GBモデル
256GBモデル
512GBモデル
512GBモデル

 これらは基板サイズが22×80mmのM.2接続SSD。内部接続はPCIe Gen2 x2。公称のシーケンシャルアクセス性能はリード700MB/s、ライト600MB/sで、CFD販売による512GBモデルの実測値はリード626MB/s、ライト580MB/sとされている。

 PCIe接続のM.2 SSDについては、PlextorやSAMSUNGの製品が発売済みだが、今回の製品はそれらより若干安価。128GBモデルは実売14,000円前後と値頃感もある。

 なお、CFD販売のWebサイトには搭載チップに関する情報は記載されていないが、店頭に入荷した製品にはMarvell製コントローラや東芝製NANDフラッシュが搭載されていることが確認できた。

[撮影協力:BUY MORE秋葉原本店と"ドスパラパーツ館ツクモパソコン本店II]

CFD販売 CSSD-M2E512HLMEQ