ニュース

ASUSのAndroid Wear端末「ZenWatch」が店頭販売中

クラシックで高級感あるデザイン

 Android Wear搭載の腕時計デバイスがASUSからも登場、本皮ベルトを採用した「ZenWatch(WI500Q-BR04)」が発売された。店頭価格は税込み32,200円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

「クラシックで高級感あるデザイン」(同社)が特徴の腕時計型端末

 ZenWatchは、タッチ操作対応の1.63インチAMOLEDディスプレイ(320×320ドット)や、Snapdragon 400(1.2GHz)、ウェアラブルデバイス用OSのAndroid Wearを搭載した腕時計型端末。メモリ容量は512MB。ストレージはeMMC 4GB。

 「クラシックで高級感あるデザイン」(同社)が特徴で、ブラウンの本皮ベルトを採用するほか、シルバーの本体側面にもブラウンのラインがあしらわれている。同社は「スーツでもカジュアルでも、シーンを選ばず装着できる」と、デザイン性の高さをアピールしている。

 このほか、同社のZenFone 5や他社のAndroidスマートフォンと接続して、メールや予定表の確認、カメラのリモート操作などを行う事もできる。

 本体サイズは幅39.8×高さ50.6×奥行き7.9〜9.4mm(突起部を除く)。重量は本体が約50g、ベルトが約25g。ディスプレイは表面が僅かにカーブした曲面タイプで、耐傷ガラスの「Gorilla Glass 3」が採用。IP55クラスの防塵・防水性能も備える。

 主な搭載機能・インターフェイスはBluetooth 4.0、電子コンパス、加速度センサー、ジャイロセンサー、心拍数センサー、デジタルマイク。

 バッテリー容量は369mAhで、動作時間は約1日、充電に必要な時間は約2.5時間とされている。充電は付属のクレードルで行なう。USB−ACアダプタなども付属する。

[撮影協力:ソフマップ 秋葉原 本館]

[Amazonで購入]