ニュース

スティック型のWin 8.1搭載PC「m-Stick」が発売、実売19,800円

“ダンボーバッテリー”を使った動作デモが実施中

 Windows 8.1を搭載したマウスコンピューターのスティック型PC「m-Stick(MS-NH1)」が発売された。店頭価格は税込19,800〜21,400円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 複数のショップが動作デモを行っているが、BUY MORE秋葉原本店では電源供給に容量6,000mAhの“ダンボーバッテリー”を使ったデモが実施中。同店によると、2.1A出力で3時間以上動作したという。

スティック型の本体を液晶テレビのHDMI端子に直結して使用するPC、Atom Z3735F搭載

店頭POP
デモの様子
側面
側面
“ダンボーバッテリー”で電源供給
60インチ液晶テレビの裏面に貼り付けてデモ
マニュアル
製品パッケージ

 m-Stickは、Windows 8.1 with Bing 32bitがプリインストールされたUSBメモリ風の超小型PC。本体にはHDMIコネクタが付いており、いわゆるAndroidスティックと同様に、本体を液晶テレビなどのHDMI端子に直結して使用する。

 コネクタ部を除いた本体サイズは幅100×奥行き38×高さ9.8mm。重量は約44g。同社は「世界最小クラスの新感覚スティック型パソコン」と、その独自性をアピールしている。

 搭載CPUは4コア/4スレッドのAtom Z3735F(ベース1.33GHz、バースト時1.83GHz)、メモリはDDR3L 2GB、ストレージはeMMC 32GB。

 本体にはUSB 2.0端子(標準A)や、電源供給用のUSB端子(マイクロB)、microSDカードスロットが装備。無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)のほか、Bluetooth 4.0も備えているが、初回起動時のみUSB接続キーボードが必要という。

 付属品はUSB-ACアダプタ、電源供給用USBケーブル、HDMI延長ケーブルなど。

[撮影協力:mouse computer秋葉原ダイレクトショップBUY MORE秋葉原本店ソフマップ 秋葉原 本館]