ニュース

デスクトップ版Core i7を搭載した最強ゲーミングノートPCが展示中

Core i7-4790Kやメモリ6GBのGeForce GTX 970Mを搭載

(1/29 17:38更新)発売日に関する記述を修正。

 デスクトップ版CoreシリーズCPUやGeForce GTX 970Mを搭載したマウスコンピューターのゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5702シリーズ」が登場、2月7日(土)に店頭販売が予定されている「NEXTGEAR-NOTE i5702GA1-EX(1501NG-N-i5702GA1-EX)」が店頭デモ中だ。

 デモの実施ショップはmouse computer秋葉原ダイレクトショップとG-Tune:Garage秋葉原(ブロックD2-[f2])で、デモ機はCore i7-4790Kやメモリ16GB、SSD 120GB、HDD 1TBなどを搭載している。予価は税込237,330円。

 なお、デモを行っているモデル以外のNEXTGEAR-NOTE i5702シリーズは、27日(火)から受注販売が始まっている。

チップセットはIntel Z97、電源供給には付属の230W ACアダプタを使用

 NEXTGEAR-NOTE i5702シリーズは、15.6インチのノングレア液晶パネル(1,920×1,080ドット)や、ノートPC用上位GPUのGeForce GTX 970M(GDDR5 6GB)を搭載したゲーム向けのノートPC。

 ノートPCながら、デスクトップPC用のIntel Z97チップセットとCoreシリーズCPUが採用されているのが特徴で、上位モデルではDevil's CanyonことCore i7-4790Kを搭載するというハイスペックが実現。また、税別169,800円〜のCore i3-4160搭載モデルも用意されている。

 本体サイズ(約)は幅386×奥行き262×高さ35.7mm、重量は約3.4kg。キーボードはバックライト内蔵で、また「FLEXIKEYアプリケーション」によりキー割り当てなどのカスタマイズが行なえる。電源供給には付属の230W ACアダプタを使用。内蔵バッテリーでの動作時間は約2.5時間。

 主な搭載機能・インターフェイスはDisplayPort(2基)、HDMI、Gigabit Ethernet、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0+LE、USB 3.0(4基、1基はeSATAと共用)、SD/MMCカードスロット、WEBカメラ(200万画素)、S/PDIF、ステレオスピーカー 。グラフィックス機能については、本体の液晶パネルを含め最大4画面出力に対応するとしている。

[撮影協力:G-Tune:Garage秋葉原mouse computer秋葉原ダイレクトショップ]

マウスコンピューター NEXTGEAR-NOTE i5702シリーズ