ニュース

実売3万円以下の安価な10.1型Windowsタブレットが発売

 店頭価格が税込29,678円と10インチクラスのWindows 8.1 with Bing搭載タブレットとしては安価な「WDP-101-32G-81BT」がgeaneeから発売された(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 なお、同社からは先週に過去最安クラスの7インチWindows 8.1 with Bing搭載タブレット「WDP-71」が発売されている。

10.1インチの1,280×800ドット/IPSパネルを採用したWindows 8.1タブレット

 WDP-101-32G-81BTは10.1インチのIPS液晶ディスプレイを採用したWindows 8.1 with Bing搭載タブレット。解像度は1,280×800ドット。

 CPUはAtom Z3735G(クアッドコア/1.33GHz)で、メモリは1GB。ストレージ容量は32GBで、microSDカードスロット(最大32GB)を備えている。主な搭載機能は、IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0、カメラ(フロント/リア共に200万画素)、Micro USB、miniHDMI、加速度センサーなど。連続動作時間は最大5.5時間、充電時間は約5.5時間。

 本体サイズは、258(奥行き)×10.4(高さ)×173(幅)mm(突起物除く)、重量は約602g。

[撮影協力:あきばお〜零]