ニュース

セガの「ゲームギア」をTFT液晶化するキットが近日発売

STN液晶から変更で視認性や応答速度がアップ、店頭デモ中

 セガの往年の携帯ゲーム機「ゲームギア」の液晶をTFT化できるというキット「GGLCD」が登場、三月兎2号店で店頭デモが始まっている。同店によると、発売は4月末〜5月中旬頃で、予価は税込9,480円。なお、換装用のTFT液晶は別売り。

TFT液晶への変更で、視認性や応答速度が向上し、快適なゲームのプレイが可能に

改造前(左)との比較
店頭POP
改造前
改造後
基板表面
基板裏面
改造前(下)との消費電力比較
STNからTFTにリプレイス
外部モニター(上)に出力
店頭POP

 GGLCDは「Norix」氏が製作したいわゆる同人ハードウェアで、ゲームギアのディスプレイをTFT液晶パネルに換装し、使用するため基板。ちなみに、同氏は、昨年10月に登場したファミコン向けディスクドライブエミュレータ「VirtuaQD」の製作者でもある(VirtuaQDは今年3月に生産を終了している)。

 同氏によれば、オリジナルのSTN液晶からTFT液晶に替えることで、視認性や応答速度が向上し、快適にゲームがプレイできるようになるという。ただし、オプションのTVチューナーの映像が表示されなくなるなどの制限もあるとのこと。

 パッケージ内容は、基板本体と、基板をゲームギア内部に固定するためのネジ、ナイロンナット。換装する3.5インチTFT液晶パネル(型番LQ035NC111)は別売り。LQ035NC111は、同氏が紹介している通販サイト「aitendo」では、税込2,679円で販売されている。

 もちろん、ゲームギアの部品を取り外すなどの改造が必要。TFT液晶のサイズがオリジナルとは異なるため、ケースのディスプレイ開口部を広げるなどの加工も必要という。具体的な方法については、Webサイトに掲載されているマニュアルに記載されているので、事前に目を通しておくとよいだろう。

[撮影協力:三月兎2号店]

GGLCD