ニュース

実売17,980円のスティックPCがドスパラから登場、メタル筐体採用

Windows 8.1搭載

 メタル筐体により放熱性がアップしたというドスパラのスティックPC「Diginnos Stick DG-STK1」が発売された。2基のUSBポートを備えるのも特徴。店頭価格は税込17,980円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

ファンレス仕様で金属筐体の採用により放熱性が向上、搭載CPUはAtom Z3735F

 この製品は、本体サイズ(約)が幅109×奥行き37.6×高さ14mmと超小型のWindows 8.1 32bit搭載PC。スティック型の本体にHDMIコネクタを備えており、液晶テレビなどに直結して使用できる。

 筐体は金属製。冷却システムはファンレスだが、金属筐体の採用により放熱性が向上、熱によるフリーズやシャットダウンが起きにくいという。

 また、2基のUSB 2.0ポートが装備されているのも特徴。標準A端子とMicro B端子を各1基備えており、USBハブがなくても複数のデバイスが使用できる。このほか、電源供給用のMicro B端子を備える。

 搭載CPUはAtom Z3735F(4コア、ベース1.33GHz、バースト1.83GHz)。メモリはDDR3L 2GB、ストレージはeMMC 32GB。無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0、microSDカードスロット(最大128GB)も備える。

 付属品はMicro USB−USB変換ケーブルなど。キーボードとマウスは別売り。

[撮影協力:ドスパラ秋葉原本店]

ドスパラ Diginnos Stick DG-STK1