ニュース

SIMフリー版iPhone 6s PlusがApple Storeよりも高値に、イオシス

128GBモデルの未使用品は2万円高、買い取りは停止中

※(9/27 1:50更新)SIMフリーiPhone 6sの取り扱い開始。

 本日発売されたばかりのiPhone 6s/6s Plusだが、イオシス各店ではSIMロックフリー版の未使用品が早くも販売されている。

 店頭在庫を確認したのは、iPhone 6s Plusのシルバーの16GBモデルと、ゴールドとローズゴールドの64GB/128GBモデル、iPhone 6sのゴールドの128GBモデルの6種。

 25日の発売時点から価格は変更されており、26日の取材時の価格(税込)はiPhone 6sの128GBモデルが14,4800円(ローズゴールドは144,800円)、iPhone 6s Plusの16GBモデルが124,800円(ローズゴールドは127,800円)、64GBモデルが144,800円(ローズゴールドは147,800円)、128GBモデルが157,800円(ローズゴールドは159,800円)となっている。

Apple Storeの価格よりも2万円の高値、店頭は発売日としては落ち着いた動き

※25日時点での価格
※25日時点での価格
26日調査時の価格

 今回、同店が販売しているのは国内向けのSIMロックフリーモデルで、在庫量は極少量。Apple Storeの価格は、iPhone 6sの128GBモデルが132,624円、iPhone 6s Plusの16GBモデルが106,704円、64GBモデルが119,664円、128GBモデルが134,624円。通常価格よりも1.5〜2.5万円前後高値で販売されている状況だ。

 なお、イオシスでは「発売直後ということもあり、価格は変動する可能性が高い」ということで、購入を希望する場合は「店頭の価格を確認して欲しい」としている。

 買い取りに関しては店頭在庫の状況に合わせ極少量のみ行われており、26日の取材時には「一定数の在庫が集まったため買い取りは一旦終了した」としている。買い取りを再開する際にはTwitter等で告知するという。

 iPhoneの発売日と言えば、これまでは大手量販店での行列や、一部モデルの高値販売といった、ある意味お祭り騒ぎが恒例となっていたが、今回のiPhone 6s/6s Plusに関しては、国内キャリアのモデルも新色のローズゴールド以外は予約者に行き渡るような状況になっており、今回の高値販売はあったものの、全体的には落ち着いたスタートとなっている。

[撮影協力:イオシス アキバ末広町店イオシス アキバ中央通店イオシス アキバ路地裏店]