ニュース

Skylake向け廉価チップ「H110」搭載のマザーが登場、ASRockとGIGABYTE

DDR4/DDR3両対応やMini-ITXタイプなど計5モデル、実売7,500円から

 Skylake向けの新チップセット「Intel H110」を搭載したマザーボードが、ASRockとGIGABYTEから発売された。

 ASRockからは4種類、GIGABYTEからは1種類の計5モデルが発売されている。店頭価格は税込7,500円〜10,800円前後(詳細は「今週見つけた主な新製品」参照のこと)で、Skylake向けマザーボードとしては比較的安価。

DDR3とDDR4の両メモリに対応したASRockのmicroATXマザー「H110M Combo-G」

 ASRockの「H110M Combo-G」は、DDR3とDDR4の両メモリに対応したH110搭載のmicroATXマザーボード。店頭価格は税込9,700円前後。

 各メモリスロットは2つずつ備え、排他利用となっている。

 主な搭載デバイスはHDMI/DVI/VGA出力、1000Base-T LAN(Intelチップ)、7.1chサウンドなど。拡張スロットはPCI Express x16(3.0)×1、PCI Express x16(2.0)×1、PCI Express x1×1を備え、2-Way CrossFireに対応している。

 なお、本体のカラーリングは赤と黒をベースにしているが、ゲーミングシリーズのモデルではない。

DDR3メモリに対応したASRockのmicroATXマザー「H110M DVS/D3」

 ASRockの「H110M DVS/D3」は、DDR3メモリに対応したH110搭載のmicroATXマザーボード。店頭価格は税込7,500円前後。

 主な搭載デバイスはDVI/VGA出力、1000Base-T LAN、7.1chサウンドなど。スロット数はPCI Express x16×1、PCI Express x1×2。メモリスロットは2本備えている。

DDR3メモリに対応したASRockのMini-ITXマザー「H110M-ITX/D3」

 ASRockの「H110M-ITX/D3」は、DDR3メモリ対応でH110搭載のMini-ITXマザーボード。店頭価格は税込10,800円前後。

 主な搭載デバイスはHDMI/DVI出力、1000Base-T LAN(Intelチップ)、7.1chサウンドなど。拡張スロットはPCI Express x16×1とMini PCI-E×1。メモリスロットは2本備えている。

スタンダードなASRock製microATXマザー「H110M-HDV」

 ASRockのH110M-HDVは、H110を搭載したスタンダードなmicroATXマザーボード。店頭価格は税込8,600円前後。

 主な搭載デバイスはHDMI/DVI/VGA出力、1000Base-T LAN、7.1chサウンドなど。スロット数はPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、DDR4 DIMM×2。メモリスロットは2本備えている。

DDR3メモリに対応したGIGABYTEのmicroATXマザー「GA-H110M-DS2 DDR3」

 GIGABYTEのGA-H110M-DS2 DDR3は、DDR3メモリに対応したH110搭載のmicroATXマザーボード。店頭価格は税込8,500円前後。

 搭載デバイスはVGA出力、1000Base-T LAN、8chサウンドを備え、シリアルポートやパラレルポートも用意されている。搭載するスロットはPCI Express x16×1、PCI Express x2。メモリスロットは2本備えている。

[撮影協力:ドスパラパーツ館]