ニュース

あきばお〜の格安Windows 10タブレット「WinTab 7」が発売

OS単体よりも安価な税抜き10,500円、国内サポートあり

 Windows 10を搭載したあきばお〜の国内向け格安タブレット「WinTab 7(WIN-70B)」が発売された。店頭価格は税抜き10,500円(税込11,340円)(詳細は「今週見つけた主な新製品」参照のこと)。

従来のWindows 8.1搭載モデルのOS変更版、国内サポートあり

 製品名や型番は従来のWindows 8.1搭載モデルと同じだが、新パッケージが採用されており、外箱の表面には「Windows 10搭載モデル」とプリントされている。従来同様に「国内サポート」の表示もある。

 WinTab 7は、7インチのIPSディスプレイ(1,024×600ドット)や、4コアプロセッサのAtom Z3735G、1GB DDR3Lメモリ、16GBストレージを搭載したタブレット型端末。本体サイズは188.5×108.5×8.5mm。重量は約271gで、Windowsタブレットとしては軽量な点も特徴だ。

 6月に登場したWindows 8.1 with Bing搭載モデル「WinTab 7」のOSを、Windows 10 Home 32bitに変更したもので、価格は500円ほどアップしたものの、それでも安価。DSP版やパッケージ版のWindows 10 Homeよりも安い。

 従来同様に「国内サポート」が謳われているのも特徴の1つで、1年間保証や日本語マニュアルも付属。本体の裏面には技適マークがある。

 主な搭載機能・インターフェイスは無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0、Mini HDMI、Micro USB、microSDカードスロット(最大32GB)、インカメラ(0.3メガピクセル)、スピーカー(0.8W)。バッテリー容量は2,600mAh。

 付属品はUSBケーブル(マイクロBオス−標準Aオス、マイクロBオス−標準Aメスが各1本)、充電アダプタなど。

[撮影協力:あきばお〜零あきばお〜禄號店]