ニュース

NUC準拠の小型PCキット「Beebox」にメモリ/SSD搭載版が登場

ASRock製、計4モデルで一部はファンレス仕様

 ASRockの小型PC自作キット「Beebox」シリーズに、メモリとSSDを搭載したモデルが登場した。

 搭載SoC(Celeron N3150/N3000)と本体カラー(ホワイト/ブラック)の違いで4機種が販売されており、店頭価格は税込32,400〜37,300円前後(詳細は「今週見つけた主な新製品」参照のこと)。

Intel NUC準拠の小型PC自作キット、OSを用意するだけでPCとして利用可能

BeeBox パッケージ
パッケージ裏面
メモリとSSDを搭載した以外の仕様に変わりはない

 Beeboxシリーズは、Intelの小型PCプラットフォーム「NUC」に準拠した小型PC自作キット。

 今回登場したモデルは、メモリ 4GBとSSD 128GBがすでに搭載されており、別途OSを用意するだけで小型PCが完成するようになっている。対応OSは、Windows 10 32bit/64bit、Windows 8.1 64bit、Windows 7 64bit。

 メモリは2GB DDR3L SO-DIMMが2枚取り付けられており、メモリスロットに空きは無し。SSDはmSATAモデルが搭載されており、このほかに2.5インチSATA-HDD/SSD×1台が搭載可能となっている。

 それ以外の仕様は、発売済みのメモリ/SSD非搭載モデルと同じで、SoCはBraswell版の4コアCeleron N3150、または2コアのCeleron N3000を搭載している。なお、Celeron N3000搭載モデルはファンレス仕様となっている。

 主な搭載デバイスはHDMI出力×2、DisplayPort出力×1、1000Base-T LAN、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetoothなど。Type-Cコネクタを採用したUSB 3.0ポートも備えている。

 付属品は赤外線リモコン、専用ACアダプター、VESAマウンタ装着ブラケットなど。

[撮影協力:ドスパラパーツ館]