ニュース

狭額ベゼル採用の4K液晶がLGから登場、実売64,800円

27インチの「27UD68-W」

 狭額ベゼルを採用した4K液晶ディスプレイがLG Electronicsから登場、27インチサイズの「27UD68-W」が発売された。店頭価格は税込64,800円前後(詳細は「今週見つけた主な新製品」参照のこと)。

 ツクモパソコン本店BUY MORE秋葉原本店では展示デモが始まっている。

7月に発売された「27MU67-B」の後継モデル、デザイン性が向上

 27UD68-Wは、27インチの非光沢AH-IPSパネル(3,840×2,160ドット)を採用した液晶ディスプレイ。7月に発売された「27MU67-B」の後継にあたるモデルで、液晶パネルの仕様はそのままに、幅2.5mm(下部は16.7mm)の狭額フレームや半円系のディスプレイスタンドを採用することでデザイン性を高めている。一方、27MU67-Bに用意されていた高さ調整、スイベル、ピボットには非対応となっている。

 その他の仕様は、27MU67-Bとほぼ同じで、HDMI 2.0やAMD FreeSync、超解像技術の「SUPER+ Resolution」、ゲームなどでの暗いシーンの視認性を高める「ブラックスタビライザー」、「ブルーライト低減モード」などを搭載している点も変わらない。

 液晶パネルの主なスペックは、応答時間5ms(GTG)、画素ピッチ0.1554mm、輝度300cd/平方メートル、視野角が水平/垂直とも178度、コントラスト比が最大500万:1、通常1,000:1。対応リフレッシュレートは56〜61Hz(FreeSync使用時は40〜60Hz)。

 本体サイズは幅615×奥行き186×高さ456mm(スタンドを含む)。映像端子はDisplayPort×1、HDMI 2.0×2。スタンドはチルト(前 -2°、後 15°)に対応する。このほか、VESAマウント(100×100mm)にも対応する。

[撮影協力:ツクモパソコン本店BUY MORE秋葉原本店]

[Amazonで購入]