ニュース

「スマホの電池寿命が延びる」USB充電ケーブルが販売中

電池の劣化を抑える「ECOモード」を搭載

 スマートフォンなどのバッテリー寿命が延びるというオズマのUSB充電ケーブル「MicroUSB ECO充電ケーブル」がソフマップ 秋葉原 本館などで販売中だ。ラインナップはケーブル長20cmのブラックモデル「UC-ECO20K」など計6種類(20cm/50cm/1mの3種、ブラック/ホワイトの2種)で、店頭価格は税込1,060〜1,280円前後。

充電率を85%程度にとどめることで、電池の劣化を抑える「ECOモード」を搭載

 この製品は、標準A端子とマイクロB端子を備えたUSBケーブルで、スマートフォンなどの機器を充電する際に、内蔵リチウムイオン電池の寿命が延びるという「ECOモード」を備えているのが特徴。

 ECOモードでは、電池をフル充電せずに、充電率を85%程度にとどめることで、電池の劣化を抑えるという。同社のWebサイトには、ECOモードの詳細な説明や、効果を証明する実験データなどが掲載されている。

 なお、リチウムイオンポリマー電池を搭載するiPhoneでの効果については「実験中」とのこと。また、iPhone版の発売時には、その旨を案内するとしている。

 フル充電を行なう「MAXモード」も装備。モードを切り替える時は、通電中にマイクロB端子側のボタンを長押しする。ボタン付近には、現在のモードなどを示すランプも装備されている。

 このほか、過電流や、異常な温度上昇を検知し、自動的に充電を停止するという「セイフティ機能」を備える。

[撮影協力:ソフマップ 秋葉原 本館]