ニュース

ACコンセント付きの大容量モバイルバッテリーが登場、リンクス

容量は24,000mAh、ACとUSBの同時出力にも対応

 アウトドアでも使えるというACコンセント搭載モバイルバッテリー「enerpad」がリンクスインターナショナルから発売された。容量は24,000mAhで、ACとUSBの同時出力にも対応する。

 カラーはホワイト(AC-24K White)とブラック(AC-24K Black)の2種類。店頭価格は税込32,200円前後。

 販売ショップはパソコンハウス東映テクノハウス東映など。

2基のUSB標準Aと3PタイプのACコンセントを装備

 enerpadは、本体サイズが幅180×奥行き29×高さ144mm、重量が約700gの小型バッテリー。出力端子として、2基のUSB標準A(DC 5V、合計出力2.4A)に加え、3PタイプのACコンセント(120V、60Hz)を備えているのが特徴だ。

 ACポートでは、65W出力で約1〜1.5時間の連続使用が可能という。最大出力は85W。

 また、2基のUSBポートとACポートでの同時出力も可能。ACポートの出力をON/OFFするスイッチも備えている。

 採用バッテリーは、パナソニック製リチウムイオン電池「NCR18650」(3.6V)。充放電可能回数は約500回。充電は付属のACアダプタで行なう。充電の所要時間は約4〜5時間。

 付属品は充電用ACアダプタ、充電用ACコード(3Pタイプ)、ポーチ、マニュアル。

[撮影協力:パソコンハウス東映]