ニュース

「24時間無休で使用できる」80PLUS Titanium電源が発売

同クラス世界最小でオール日本製コンデンサ

(2/13 19:16更新)販売を確認。

 「世界最小」と謳われた奥行き150mmのSilverStone製80PLUS Titanium電源「Strider Titanium」シリーズが発売された。

 容量600Wモデル「ST60F-TI(SST-ST60F-TI)」、700Wモデル「ST70F-TI(SST-ST70F-TI)」、800Wモデル「ST80F-TI(SST-ST80F-TI)」の3種類で、店頭価格は順に税込25,700円前後、税込30,000円前後、税込33,270円前後。

 販売ショップはツクモパソコン本店など。

フルモジュラータイプで奥行き150mmの80PLUS Titanium認証モデル

 Strider Titaniumは、80PLUS Titanium認証を取得したATX電源。内部電源ケーブルの全てが着脱可能な「フルモジュラー」タイプで、さらに奥行きが150mmと短いのが特徴だ。

 同社は製品について「80PLUS Titanium効率を備えた世界最小のフルモジュラーATX電源」とアピール。全てのコンデンサに日本製を採用したといい、また24時間無休で使用できる点も売りとしている。MTBFは10万時間を公称する。製品保証は3年。

 本体サイズは幅150×高さ86×奥行き150mm。内蔵されている120mmファンは、負荷に応じて回転数が700〜960rpmに変化し、同社は「静かなホーム・オフィスユースに最適」としている。ノイズレベルは最小18dB。

[撮影協力:ツクモeX.パソコン館ツクモパソコン本店]