ニュース

頑丈な設計がウリのポータブルSSDがSanDiskから登場

USB 3.0対応、120/240/480GBの3モデル

 信頼性と耐久性をウリとするSanDiskのポータブルSSD「Extreme 500」シリーズが発売された。容量は120GB、240GB、480GBの3モデルで、店頭価格は税込13,500〜31,500円前後。

 販売ショップはパソコンショップ アークあきばお〜零ドスパラパーツ館

頑丈な設計がウリのポータブルSSD、容量は120GB/240GB/480GB

 Extreme 500はUSB 3.0接続に対応したSanDisk製のポータブルSSD。容量は120GB、240GB、480GBの3モデル。

 衝撃や振動、温度変化に強い頑丈な設計がウリのモデルで、筐体にはゴム製クッションが追加されているという。

 公称値は120GBモデルがリード415MB/s・ライト340MB/s、240GBモデルがリード415MB/s・ライト340MB/s、480GBモデルがリード430MB/s・ライト400MB/s。

 本体サイズは75.69×75.69×10.67mmで、製品の保証期間は3年間。製品型番は120GBモデルが「SDSSDEXT-120G-J25」、240GBモデルが「SDSSDEXT-240G-J25」、480GBモデルが「SDSSDEXT-480G-J25」。

[撮影協力:パソコンショップ アークあきばお〜零]