ニュース

M.2/NVMe RAIDにも対応、Skylake対応の「Z170-WS」が発売

U.2コネクタもオンボード搭載、ASUS製

 M.2/NVMe SSDによるRAID構築も可能なASUSのZ170マザー「Z170-WS」が発売された。店頭価格は税込58,980円前後。

 販売ショップはツクモeX.パソコン館ツクモパソコン本店IIパソコンショップ アークなど。

ハイエンド志向のZ170マザーボード、M.2ソケット2基と、U.2ポート1基を装備

 Z170-WSは、Intel Z170チップセットを搭載したATXフォームファクタのLGA1151マザーボード。

 長寿命の固体コンデンサや、高い気密性を持つ独自の電源コネクタ「ProCool」などを用いた「サーバーグレード」を謳うデザインや、Quad SLI/Quad CrossFireXのサポートにより、プロユースのグラフィックス環境も構築できるとする点などの、ハイエンド志向が特徴。

 ストレージもハイエンド志向で、M.2ソケット2基と、U.2ポート1基(いずれもPCIe x4接続)を備えており、2基のPCIe M.2 SSD、NVMe SSDによるRAIDの構築が可能としている。RAID 0では、同社曰く「電光石火のスピード」が体験できるという。

 なお、U.2ポートと、M.2ソケット・6Gbps SATAポート(各1基)とは帯域を共用しており、同時使用には制限があるとのこと。また、U.2ポートを2基使用する場合は、オプションのM.2−U.2変換アダプタ「Hyper Kit」が必要。

 このほか、USBメモリにイベントログを記録できる「Q-Code Logger」や、ベースクロックを400MHzに上げることが可能というOC向けの「PRO Clock」、ライン出力で112dB、ライン入力で104dBを公称するサウンド機能「Crystal Sound 3」などが搭載されている。

 スロット数はPCIe x16×4(x16、x16/x16、x16/x8/x8、x8/x8/x8/x8モードで動作)、PCIe x4×1、DDR4 DIMM×4(64GB)。

 主な搭載機能・インターフェイスはDisplayPort 1.2、HDMI 2.0、Gigabit Ethernet(2基、Intel I219-LM+I210-AT)、6Gbps SATA(6基)、M.2(2基)、U.2、USB 3.1(Type-A/C各1基、ASMedia製コントローラー)、USB 3.0/2.0、8チャンネルサウンド。

[撮影協力:ツクモパソコン本店IIツクモeX.パソコン館]