アキバ店員のPCパーツウォッチ

アキバ店員のPCパーツウォッチ

( NAS向けHDDの人気モデル )

このコーナーは、最近発売された気になるPCパーツの「その後」をショップ店員に聞くコーナーです。ショップ店員による売れ行き動向やアドバイスなど、購入等の参考としてご活用下さい。

NAS向けHDDの人気モデル

 今回はNAS向けHDDの売れ筋モデルを調査してみた。各ショップとも人気が高いのは、Western DigitalのWD Redシリーズで、他社に先駆けて展開していたこともあり、圧倒的な強さを見せている。

BUY MORE秋葉原本店

 売れ筋はWD Redですね。NASメーカーと一緒にアピールするなど、訴求が上手くいった例じゃないですかね。なかにはWD Blueを選ぶ人がいるので、WD Redのほうをオススメするんですが、「WD Greenを使っていて大丈夫だった」ということで、NAS 2台用だとWD Blueを選ぶ方もいます。NAS向けはSeagateやHGSTもありますけど、WD Redは値段が安いですからね。容量は感覚としては3TBと6TBが多いですね。

ドスパラパーツ館

 WD Redシリーズが人気で、特に弊社が独自に販売しているデータ復旧サービス付きのモデルが人気です。主流は4TBモデルと3TBモデルで、GB単価が安いモデルが売れていますね。あとは、NAS向けHDDではないのですが、最近はSeagateの8TB HDDモデルもよく売れています。

パソコンショップ アーク

 大多数がWD Redですね。HGSTのモデルもまあ売れてはいますが、数で見るとWD Redが圧倒的です。通常モデルのHDDをNASに使っている人はそこそこいると思うのですが、4BayのNASなど複数台のHDDを搭載するシステムの場合は、NAS用HDDをしっかり選んで欲しいですね。通常のHDDを使うにはリスクもありますし、「動作する=安定動作する」ではありませんしね。

ソフマップ 秋葉原 リユース総合館

 WD Redシリーズがよく売れていますね。NASに入れて24時間つけっぱなしで使いたいと買っていく人が多く、耐久性の高さが人気の理由です。よく売れているのは3TBと4TBで、比較的大容量のモデルが人気です。

ソフマップ 秋葉原 本館

 WD Redシリーズが人気です。NAS向けHDDの定番モデルという確固たる地位を築いていますね。ちなみに、WD Redシリーズは2台一緒に買っていく人がほとんどです。恐らく2台用のNASキットで使っている人が多いのだと思いますよ。

テクノハウス東映

 圧倒的にWD Redです。それ以外のモデルは高いですからね。今は3TBを複数買っていく人が一番多いです。去年の8月くらいは6TBが凄く出ていたんですけど。

ツクモeX.パソコン館

 WD Redが売れていますけど、HGSTのモデルも比較的良く出ています。HGSTはイベントをやっていたので、その影響があるかもしれません。ちなみにHGSTは、サーバー向けのHUS724020ALA640も世代は古いんですが、良く出ています。前から使っているのかもしれないですね。

オリオスペック

 HDD単体購入だと数が多いのはHGSTのモデルですね。NASとHDDのセットとしてみると、1〜2BayのNASに1〜2TBのWD Redの組み合わせがよく出ていますよ。個人向けはオーディオ需要が高く、大容量モデルは発熱がネックになるのと、曲数が極端に多くなりすぎると使用時の性能バランスが悪くなるので、少台数で小容量が主流ですね。法人向けのシステムだとSeagateのEnterprise HDDが強いです。法人向けは規模も大きいので、これまでかなりの台数を納品しましたね。まあ、法人のシステムにヘリウム入の「Ultrastar He8」を採用する例が増えていたりするので、直近だけ見ればうちではNAS用ではないUltrastar He8がNAS向けHDDとして一番大きく動いていたりはするのですが(笑)。

(AKIBA PC Hotline!編集部)