【 2000年9月30日号 】

SETTEN No.1の兄弟?画質やHDDエラー改善に効果のあるワッシャ

ABSORBER・RINGABSORBER・RING
ABSORBER・RINGABSORBER・RING

 摩訶不思議なPCパーツが出回り始めている。一見するとただの金属製ワッシャでしかないのだが、PCケースとパーツの間に挟めば余分な振動を吸収し、結果としてビデオカードの画質が向上し、サウンドカードは音質が向上、そしてHDDの読み取りエラーが低減するという不思議なモノだ。製品名は「ABSORBER・RING」(型番AR0405-4)という。以前から一部ショップで同様の製品が販売されていたが、新しいパッケージになって複数のショップで販売が始まっている。

 特に原理が明示されておらず根拠は不明だが、このワッシャはM2052という素材を用いて作られているため振動を吸収する制振効果があり、これをHDDやサウンドカードなどといったパーツの固定用ネジに通して取りつけることで「あなたのマシンの性能をフルに引き出す」という。パッケージの裏面には、この製品を使った場合の効果として、はっきりとこう書いてある。

 「*効果: (1)HDDの読み取りエラーを低減させ、シークタイムを向上 (2)DVD、CD-R、MOの読み取りエラーを低減させ、シークタイムを向上 (3)オーディオ・ビデオの音質・画質の向上(サウンドカード・VGAカードの {1}S/N感の向上・響きの美しさアップ {2}文字の輪郭が美しく立体感やグラデーションが向上)」

 金属製のワッシャで振動が吸収されるのも不思議だが、それがHDDの読み取りエラーを改善してしまうほどの効果を生み出したり、ビデオカードの画質やサウンドカードの音質 を変えるというのだから驚く。これまでのPCの常識からすると、なんとも不思議な製品としか言いようがない。

 似たような不思議な製品として、1999年12月に“塗るだけで性能や画質がアップする謎の液体”として話題になった熱研の「SETTEN No.1」があるが、これと「ABSORBER・RING」は実はつながりがある。というのも、熱研から独立したセイシンという会社が、今回の「ABSORBER・RING」の製造元になっているのだ。言って見れば異母兄弟のような関係とも言える。

 「ABSORBER・RING」は発売間もないというのに、既にアキバでは売れ行き絶好調の様子で、いくつかのショップでは初回入荷分がすぐに完売してしまったという。共通する特徴として、1人でまとめ買いしていくケースが多いそうだ。原理や仕組みはともかく、取り付けるだけで性能アップするという不思議なところが、パワーユーザー達の“人柱魂”を刺激するらしい。今回は少なくともHDDやCD-ROMドライブなどのベンチマーク計測で効果が確認できる可能性がある分、「SETTEN No.1」よりはわかりやすい製品なのかもしれない。

 なお、この製品は「荷重がかかったほうが制振性能が向上」するそうなので、使用時はネジを強く締め付けるのがいいらしい。価格は4つのワッシャ入りで980円〜1,480円(詳細は「その他のお買い得情報」参照のこと)。

【1999/12/11】塗るだけで性能や画質がアップする謎の液体?「SETTEN No.1」
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/991211/etc_settenno1.html

 (セイシン ABSORBER・RING)

[撮影協力:ツクモパソコン本店IIコムサテライト1号店高速電脳]


[前の記事]: メルコとアイオーから低価格MPEG-2キャプチャカードが登場
[次の記事]: 今度はアルミ製の小型英語キーボードがFILCOから発売に

[ Back ]戻る