【 2001年5月26日号 】

次は風俗の街へ変化?駅前に全5フロアのアダルトグッズショップ

M'SM'S
M'SM'S

 いったいどんな勝算があってのことなのか、突如としてJR秋葉原駅前という超一等地にB1F〜4Fまで全5フロアを使ったアダルトグッズショップが出現した。電気街口を出たとたんに「大人のおもちゃ★ビデオ」と書かれた黒地にピンクの看板が目に入るという、これまでには考えられない状況になっている。

 場所は、これまでロケットソフトセンターが入っていた大平堂ビル(ブロックB3-[c1])。ここはロケットが2000年10月に民事再生手続きを開始して以来、閉店してそのままになっていた店舗だが、この5月に突然改装工事が入り、今では「ADULT SHOP M'S」としてリニューアルがほぼ完了している。すでにビル外側には「大人のおもちゃ★ビデオ」「ランジェリー★コスチューム」と書かれた大きな看板も出ており、入り口にはSMコスチューム姿の外国人女性の等身大写真が貼られるなど、明らかに周囲とは異なる雰囲気を醸し出している。

 フロアはB1からアダルトビデオ/一般ビデオ・DVD/アダルトグッズ/ランジェリー・コスチューム・SMグッズ/中古アダルトビデオ、という構成。さすがに路面の1Fフロアは一般用のソフトのみになっているものの、店構えが入り口からして先のような状態になっているほか、ガラス張りのビルは全フロアの中が丸見えで、電気街には不似合いなアイテムがずらりと並ぶ。あまりの堂々たる電気街一等地への進出ぶりに、思わずビルを見上げてしまう人も多い。正式な開店日は不明だが、店舗の状態を見る限り近日であることは確かのようだ。

 電気街中央にパチンコ店ができて以来の異質ショップの誕生だが、実のところ、アキバも電気街とは反対のJR秋葉原駅の昭和通り口付近では、だいぶ前から風俗系のショップが増えており、アダルトグッズのショップも複数存在している。また、最近は成人向け同人誌を扱うショップが増えるにつれて、電気街の中でも少女レイプシーンなど過激な性表現の目立つイラストを目にするケースが多くなってきている。駅前にアダルトグッズショップが誕生するのも、その延長なのだと考えると、それほど不自然ではないという見方もできる。

 変貌著しい電気街のアキバ。この街の次の新しい方向性は、実は風俗系という可能性もあるのかも知れない。

【1999/4/3】アキバのど真ん中にパチンコ店が開店
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/990403/etc.html#pfesta


[前の記事]: C3のマーキングが変更されるも、形状や電圧の謎はそのまま
[次の記事]: カノープスからGeForce2 MX400搭載カード発売、価格は2万円超

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2001 impress corporation All rights reserved.
E-Mail:akiba-pc-info@impress.co.jp