【 2002年8月31日号 】

デジカメと合体した8倍望遠の低価格な双眼鏡が登場、USB接続

DigiCam BinocularDigiCam Binocular
DigiCam BinocularDigiCam Binocular
DigiCam BinocularDigiCam Binocular

 デジタルカメラの機能を内蔵した台湾ALL RING TECHのユニークな双眼鏡「DigiCam Binocular」が発売になった。8倍望遠の双眼鏡に35万画素クラスのデジタルカメラを内蔵させた製品で、見たままの望遠倍率でいつでも静止画を内部メモリに記録できる。一見ただの双眼鏡でありながら、いつでも静止画記録のためにシャッターを切れるというのは、まるでSF映画やスパイ映画に出てくる小道具のようだ。

 複数のショップで販売が始まっているほか、フェイス秋葉原本店では予約を受け付け中だ。製品は国内の合資会社エムアイビーによる日本語パッケージ品で、価格は12,999円〜13,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 「デジタルカメラと双眼鏡が合体!」「双眼鏡を覗いた時がシャッターチャンス!」というキャッチコピーのこの製品は、まさにそのうたい文句のとおり、双眼鏡で覗いている景色などをそのままデジタルカメラで撮影してしまおうというデジタルカメラ内蔵双眼鏡だ。なお、本体の形状やデザインを見る限り、ミックインターナショナルから発売されている「BinoShot」と同型の製品と思われる。

 デジタルカメラ部分の主な仕様は、有効画素数が30万画素(総画素数35万画素)、内蔵メモリ容量が8MB、記録画像サイズが640×480ドット(Hiモード)/320×240ドット(Loモード)の2種類で、Hiモードで52枚、Loモードで209枚の撮影が可能となっている。PCへのデータ転送はUSBインターフェイス経由で可能だ。最近では決してハイスペックとはいえないものだが、価格を考えれば納得できるレベルだろう。また、双眼鏡部分の仕様は、倍率が8倍、対物レンズ有効径が22mm、視野が7.0度、最短合焦距離が4.9mなどとなっている。付属品はソフトケース、USBケーブル、デバイスドライバ/アプリケーション収録CD-ROM、クリーニング用クロスなど。

 同系統の製品としては旭光学工業(ペンタックス)から80万画素デジタルカメラ内蔵の「DIGIBINO DB100」が発売されているが、定価は50,000円とやや高めで、お手軽さなら今回の「DigiCam Binocular」のほうが上だ。スポーツ観戦や旅行にはもってこいのアイテムであることはもちろんだが、安価な望遠デジタルカメラとしても人気を集めそうだ。

□ALL RING TECH
http://www.allring-tech.com.tw/
□エムアイビー
http://www.mib.co.jp/
□BinoShot(ミックインターナショナル)
http://www.micint.co.jp/meade_binoshot.html
□DIGIBINO DB100(旭光学工業)
http://www.pentax.co.jp/japan/product/digibino/top.html
□関連記事
【2002年7月3日】低価格双眼鏡デジカメ「Binoshot」ファーストインプレッション(PC Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/2002/0703/bino.htm

 (エムアイビー DigiCam Binocular)

[撮影協力:フェイス秋葉原本店]


[前の記事]: 3WareからもSerial ATA対応RAIDカードが登場、4chと8chモデル
[次の記事]: 合体式で発光部分を増設できるUSB接続LEDライト「MarsII LapLight」発売

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.
E-Mail:akiba-pc-info@impress.co.jp