【 2002年9月7日号 】

7メディアに対応した究極のマルチDVDドライブ「DVR-ABH2」が登場

DVR-ABH2DVR-ABH2
DVR-ABH2DVR-ABH2
DVR-ABH2DVR-ABH2

 7種類ものメディアに対応するというアイ・オー・データのATAPI接続型内蔵DVDマルチドライブ「DVR-ABH2」がついに発売となった。対応メディアの多さはもちろん、1台でDVD-RAM、DVD-R、DVD-RW、CD-R、CD-RWという5種類の記録型メディアへのライティングが可能ということで発売前から注目を集めていた製品だ。実売価格は33,780円〜37,480円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 パッケージに大きく「7」の文字があることから分かるとおり、この「DVR-ABH2」はDVD-RAM/R/RWのリード/ライトのほか、CD-R/RW、DVD-ROM、CD-ROMというなんと7種類ものメディアに対応するまさに究極のマルチドライブ。採用ドライブは、日立とLG電子の合弁会社である日立LG(日立エルジーデータストレージ)製の「GMA-4020B」。「GMA-4020B」を搭載する製品としてはNECのデスクトップPC「VALUESTAR G」が過去に発売されているが、ドライブが単体で登場したのはもちろん今回が初めてだ。ドライブの単体販売が待ちきれずに「VALUESTAR G」の購入に踏み切ろうかと考えた人もいたのではないだろうか。

 ドライブの性能は次の通り。ライト速度はDVD-RAM/Rが2倍速、DVD-RWが1倍速、CD-Rが12倍速、CD-RWが8倍速、リード速度はDVD-ROMが10倍速、CD-ROMが32倍速。CDメディアへの書き込み速度が最近のCD-R/RWドライブに比べると遅めだが、1台でDVD-RAM、DVD-R、DVD-RWの3種類のDVDメディアへのライティングに対応する点はこの製品ならではの大きなメリットだ。記録型DVDメディアのさまざまな規格が乱立して久しいが、DVD-RAM/RドライブとDVD-R/RWドライブのどちらを購入しようかと迷っていた人にこの「DVR-ABH2」はまさにうってつけの製品といえるだろう。ただし、カートリッジタイプのDVD-RAMメディアに対応していない点には要注意だ。

 また、ライティングソフトの「B's Recorder GOLD5 BASIC for Windows」やDVD-Videoオーサリングソフトの「Ulead DVD MovieWriter 1.5 SE」、ビデオレコーディング規格対応再生/編集ソフトの「Panasonic DVD-MovieAlbum SE」などといった多彩なソフトが付属しているのもこの製品の魅力のひとつだ。別途ソフトを入手せずとも「DVR-ABH2」の購入だけでドライブの持つ様々な機能が利用できるというのは非常に便利だ。

 7種類ものメディアに対応し付属ソフトは豊富、さらに価格も手頃と、死角なしといった製品だけに、アキバではその売れ行きの勢いがすさまじい。発売と同時に完売のショップが続出という状態で、早くも品薄状態となっている。この週末に入手したいという人は、急いでショップに向かったほうがよいだろう。

□DVR-ABH2(アイ・オー・データ機器)
http://www.iodata.co.jp/products/dvd/2002/dvr-abh2.htm
http://www.iodata.co.jp/news/200208/dvr-abh2.htm
□VALUESTAR G(日本電気)
http://www.nec.co.jp/press/ja/0205/1301.html
□関連記事
【2002年8月31日】DVD-R/RW/RAM/CD-R/CD-RW全対応マルチドライブの予約受付開始
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20020831/etc.html#abh2

 (アイ・オー・データ DVR-ABH2)

[撮影協力:ツクモパソコン本店TSUKUMO eX.]


[前の記事]: AGP 8XサポートのSiS648チップセット搭載マザーが登場、全4モデル
[次の記事]: ATX電源をACアダプタに置き換えるためキットが登場、静音PCに最適

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.
E-Mail:akiba-pc-info@impress.co.jp