【 2003年5月17日号 】
FSB 800MHz対応Pentium 4の2.4C/2.6C/2.8C GHzが発売に
低価格なFSB 800MHz対応モデル、最安の2.4C GHzは品薄
パッケージ新入荷
【パッケージ】【新入荷】
 FSB 800MHzとHyper-Threadingテクノロジに対応した最新Pentium 4の下位モデル、2.8C/2.6C/2.4C GHzの3製品が販売スタートとなった。

 実売価格は2.8C GHzが34,800円〜39,990円、2.6C GHzが27,200円〜33,800円、2.4C GHzが22,980円〜25,999円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。各モデルともリテールパッケージ品で登場している。

 先に登場した3GHzより低価格なのが魅力的で人気を呼びそうだが、最安の2.4C GHzは特に品薄で、「マザーボードなどとのセット販売のみ」とするショップがほとんど。

●末尾の「C」が目印

 FSB 800MHzに対応したPentium 4で新製品が発売されるのは、4月に登場した3GHzモデル以来約1ヶ月ぶり。各製品ともFSB 533MHz以下のグレードに同一クロックの製品がすでに存在しており、それらとの区別のためクロックの末尾には「C」が付けられている。

 Hyper-Threadingテクノロジ(HT)や512KBの2次キャッシュを搭載する点などは従来同様で、3GHzモデルと主な仕様で異なるのは動作クロックのみ。ちなみに、動作クロックが3GHz未満のPentium 4でHTに対応するのは今回の3製品が初めてだ。

●しばらくは品薄か?

 コストパフォーマンス重視派には非常に魅力的な存在といえる3製品だが、流通量がまだ十分ではなく、特に最安の2.4C GHzはほとんどのショップでマザーボードなどとのセットという形での販売を行っており、現時点ではあまり入手性がよいとは言えない。代理店では本格的に流通するのは6月に入ってからとしており、しばらくは品薄状況が続くことになりそうだ。

□Pentium 4(インテル)
http://www.intel.co.jp/jp/home/desktop/pentium4/
□関連記事
【2003年4月26日】新型Pentium 4 3GHzが販売再開、不具合対応BIOS公開
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20030426/etc_restartp43.html

 (Intel Pentium4 2.4C GHz)
 (Intel Pentium4 2.6C GHz)
 (Intel Pentium4 2.8C GHz)

[撮影協力:BLESS秋葉原本店フェイス秋葉原本店]


[次の記事]: Springdaleことi865チップセット搭載マザーが続々と登場

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.
E-Mail:akiba-pc-info@impress.co.jp