【 2005年10月15日号 】
CrossFire対応でプライマリ動作のRADEON X850/XTカード登場
RADEON X850とX850 XTの製品がATIとMSIから発売
RADEON X850 CFE(表) RADEON X850 CFE(裏)
【RADEON X850 CFE(表)】【RADEON X850 CFE(裏)】
ATIパッケージ CrossFire動作条件
【ATIパッケージ】【CrossFire動作条件】
CrossFireケーブル コネクタ
【CrossFireケーブル】【コネクタ】
RADEON X850 XT CFE MSIパッケージ
【RADEON X850 XT CFE】【MSIパッケージ】
CrossFire図 MSIスペック
【CrossFire図】【MSIスペック】
 ATIのマルチビデオカード技術であるCrossFireにおいて、プライマリ側として動作する初のビデオカードが発売となった。

 販売が始まったのはATI純正のRADEON X850搭載PCI Express x16ビデオカード「RADEON X850 CrossFire Edition」と、MSIのRAEON X850 XT搭載PCI Express x16ビデオカード「RX850XT-CROSSFIRE」の2製品。実売価格は「RADEON X850 CrossFire Edition」が52,800円〜58,980円、「RX850XT-CROSSFIRE」は62,500円〜66,990円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

●ATI版SLIがようやく実現?

 “ATI版SLI”としても知られるCrossFireは、NVIDIA SLIと同様に2枚のビデオカードを並列動作させて3D処理を分散することにより描画性能を向上させるという技術。使用にあたってはCrossFire対応チップセットやGPUを搭載したマザーボード、ビデオカードのほか、セカンダリ側として動作するビデオカードの3点が必要になる。

 今回発売された「RADEON X850 CrossFire Edition」と「RX850XT-CROSSFIRE」はプライマリ側として動作するビデオカードで、セカンダリカードにはないDVIポート似のCrossFire専用ポートを装備しているのが特徴。CrossFireポートはDVIポートと並んでブラケットに用意されており、CrossFire使用時はこのポートとセカンダリカードのDVIポートを付属の専用ケーブルでデイジーチェーン接続し、プライマリカードから画面出力を行なう形になる。

 なお、ATI純正モデル「RADEON X850 CrossFire Edition」とMSIの「RX850XT-CROSSFIRE」はパッケージに書かれたビデオチップ名が「RADEON X850 CrossFire Edition」(ATI製品)、「RADEON X850XT」(MSI製品)と違っているが、基板そのものはほとんど同じ外観で、この基板裏面に貼られたラベルも同じ「Radeon X850 CrossFire」になっている。

●RADEON X850クラスの従来品とペア

 セカンダリカードは同じグレードのGPUを搭載した「CrossFire Ready」とされた製品が必要になるとされており、今回の「RADEON X850 CrossFire Edition」については、RADEON X850/XT/XT Platinum Editionに該当する製品がセカンダリカードとして動作する。なお、パッケージなどで明確にCrossFire対応をうたった製品としては、先週から複数の製品が出回り始めているRADEOX X1xxxシリーズを搭載した製品がある。

 CrossFire対応マザーボードに関しては、現行製品ではIntel製i955X搭載LGA775マザーボードの「D955XBK」がCrossFireをサポートすることが正式発表されているほか、ATIから対応チップセットとして「RADEON XPRESS 200 CrossFire Editon」「RADEON XPRESS 200P CrossFire Edition」の2種類がリリースされる予定で、これを搭載した製品とみられるDFIとSAPPHIRE製のSocket 939マザーボードが近日発売予定となっている。

●“人柱度”高し

 なお、CrossFireの動作環境に関しては、まだほとんど動作実績がなく、現状では必要な全てのパーツを集めるだけでも困難な状況で、まだまだ未知数の部分が多い。過去に行われた秋葉原での店頭デモやイベントでも、ハードウェアの環境は整っていても、単に2枚のビデオカードがささっているだけで、実際に対応デバイスドライバを利用してCrossFireによる連動したデモは行われたことがない。そうした例からすると、CrossFireは現時点では“人柱度”の高い環境とも言え、しばらくの間は試行錯誤の覚悟も必要になりそうだ。


□CrossFire/Radeon X850 CrossFire Edition 256MB PCI Express + FREE SHIPPING(ATI Technologies)
http://www.ati.com/technology/crossfire/index.html
http://shop.ati.com/product.asp?sku=2739026
□Micro-Star International
http://www.msi.com.tw/
□関連記事
【2005年9月23日】CrossFire対応ビデオカードの展示開始、デモはまだ準備中
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20050923/etc_cfiredemo.html
【2005年8月27日】ATI版SLIのCrossFire対応マザーがSAPPHIREから9月に登場か?
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20050827/etc_crossfire.html
【2005年8月26日】Intel 955X搭載マザーがATIのCrossFireをサポート(IDF Fall 2005会場レポート/PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0826/idf07.htm
【2005年6月18日】MSIがCrossFire対応マザーボードや64bitでのSLIを店頭デモ
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20050618/etc_msidemo.html
【2005年6月2日】ATI、「CrossFire」発表会レポート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0602/comp05.htm
【2005年4月29日】i955X搭載マザーが発売、GIGABYTEとASUSから同時デビュー
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20050430/etc_i955xmb.html

 (ATI Radeon X850 CrossFire Edition 256MB PCI Express)
 (MSI RX850XT-CROSSFIRE)

[撮影協力:スリートップ2号店パソコンショップ アークLAOX THE COMPUTER館]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[次の記事]: Nano-ITXマザー採用の小型自作PCキット「Piccolo」デモ中

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.