【 2006年4月29日号 】
750GBの3.5インチHDD「Barracuda 7200.10」が発売
垂直記録で過去最大容量記録を更新
0.75TB入荷 Barracuda 7200.10
【0.75TB入荷】【Barracuda 7200.10】
750GB 500GB
【750GB】【500GB】
I/F部 価格表
【I/F部】【価格表】
 3.5インチHDDの最大容量記録が500GBから750GBへと更新。Seagateの最新Barracuda 7200.10シリーズが店頭に並び始め、最上位の750GBモデルも販売中だ。2005年6月に日立から500GBモデルが登場して以来、3.5インチHDDの最大容量記録が更新するのは10ヶ月ぶり。

 販売を確認したのは750GBモデルと500GBモデルと320GBモデルで、全てSerial ATAとパラレルATA(IDE)モデルの両方が出ている。実売価格は750GBモデルが61,923円〜66,900円、500GBモデルが37,773円〜40,740円、320GBモデルが15,219円〜17,480円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

●垂直記録で50%容量アップ

 Barracuda 7200.10シリーズは3.5インチHDDとしては初めて垂直記録方式を採用し、4枚プラッタで最大750GBの容量を実現している。シリーズには容量で200/250/320/400/500/750GBの全6種類があるほか、対応インターフェイスとキャッシュ容量の違いで全14モデルがある。ディスク回転数は7,200rpm、キャッシュ容量16MBもしくは8MB、内部転送速度は100MB/s。

 垂直記録方式は2月に発売となった2.5インチHDDのMomentus 5400.3シリーズの160GBモデルで採用実績があるが、3.5インチHDDでは初。これにより、これまでの過去最大容量記録だった500GBから50%もの容量アップを実現できたというわけだ。

●TB時代ももうすぐ?

 最近ではRAIDも含めて複数台のHDDを組み合わせてTBクラスのストレージを用意するユーザーも少なく、HDDの容量に対するニーズは増すばかり。これまで1TBの半分である500GBが1台のHDDとしては最大だったが、一気に750GBへとアップしたことで、いよいよ1台で1TBという期待も現実味を帯びてきた。

 GB時代からTB時代への期待感からか、店頭では750GBモデル「0.75TBモデル」と表現している。

ベンチマークテスト結果(HDBENCH使用)
データ提供:T-ZONE. PC DIY SHOP
  ALL Read Write Random
Read
Random
Write
ST3750640AS(750GB,SATA) 26646 -- -- -- --
ST3500630AS(500GB,SATA) 27457 77050 79875 29646 33085


□Barracuda 7200.10(Seagate Technology)
http://www.seagate.com/docs/pdf/datasheet/disc/ds_barracuda_7200_10.pdf
□関連記事
【2006年2月4日】垂直記録方式採用のSeagate製160GB 2.5インチHDDが発売に
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20060204/etc_momentus543.html
【2006年6月18日】500GBの3.5インチHDD「Deskstar 7K500」が登場、5万円
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20050618/etc_7k500.html

 (Seagate Barracuda 7200.10)

[撮影協力:T-ZONE. PC DIY SHOP]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[次の記事]: 最新Xeon「Dempsey」対応マザーのデモ開始、SUPERMICRO製

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.