【 2006年6月10日号 】
受話器一体型のIP電話対応日本語キーボードが発売に
KIPS-800 KIPS-800
KIPS-800 KIPS-800
 SkypeなどのIP電話に対応した受話器(ハンドセット)を装備したA4TechのUSB接続日本語キーボード「IP-TALKY KEYBOARD(KIP-800JP)」が発売になった。実売価格は4,698円〜4,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 「IP-TALKY KEYBOARD」は本体の右端にSkypeなどのIP電話で使えるハンドセットを備えるというユニークなキーボード。USBサウンド機能を内蔵しており、本体の左脇にはヘッドセットなどを接続できるサウンド入出力端子(ミニプラグ)も備えている。こういった複数の機能を持ちながら、PCとの接続がUSBケーブル1本で済むのも特長だ。

 ハンドセットの下側にはサウンド入出力を受話器側またはミニプラグ側に切り替えるスイッチを装備。また、本体の上側にはWebブラウザや音楽プレイヤーなどのソフトで使える13個のホットキーを備えている。

 IP電話を頻繁に利用する人には最適なキーボードかも?


□KIPS-800(A4Tech)
http://www.a4tech.com/en/product2.asp?CID=100&SCID=101&MNO=KIPS-800

 (A4Tech KIPS-800)

[撮影協力:TWOTOP秋葉原本店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[前の記事]: PoweredUSBポート装備の5インチベイ用パネルなどが登場

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.