【 2007年12月8日号 】
TVアンテナ線を使うLANアダプタが登場
CG-CXAD01 CG-CXAD01
CG-CXAD01 CG-CXAD01

 TV用の同軸ケーブルでLANを実現するという家庭用LAN製品「CG-CXAD01」と同製品2個がセットになった導入パック「CG-CXAD01SET」がコレガから発売された。実売価格は前者が11,800円、後者が18,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 CG-CXAD01は10/100Base-TX LANとTVケーブルを橋渡しするブリッジタイプの製品。主な特徴は「無線LANやPLCよりもノイズの影響を受けにくく、しかも地上波放送/衛星放送と混信しない」という点で、実効スループットは約69Mbpsに及ぶという。設定が容易なのもウリとしており、最大8台のアダプタを1系統のアンテナ線に接続できるという。

 なお、「アンテナが込み入っている場合があるため、マンションでは利用できない」「周波数が重複するため、CATVと併用できない」とされている点は注意が必要だ。利用周波数帯は12〜28MHz帯とされている。

 ちなみに、同じ「TVアンテナ線を流用する」コンセプトの製品としてはNTT-MEもPN-200-C2E4(標準価格2台36,750円)という製品を販売中。こちらの製品は825〜875MHz帯を使用する「c.Link」規格に対応する製品で、CATVとの併用も可能。公称実効値は最大100Mbps。


□ニュースリリース(コレガ)
http://corega.jp/product/news/071126.htm
□関連記事
【2007年11月27日】有線LAN、無線LAN、PLCに続く第4の家庭内LAN配線方式
有線LAN並みの安定感を持つ同軸ケーブル採用のc.LINK方式を試す(BroadBandWatch/清水理史の「イニシャルB」)
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/shimizu/20198.html

 (コレガ CG-CXAD01シリーズ)

[撮影協力:ソフマップ 秋葉原 パソコン総合館]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.