【 2008年9月6日号 】
USBコネクタ付きのSATA-SSD発売、OCZ製
USBメモリとしても利用可能、ファームウェア更新も
(※9/5更新)USB経由のベンチマーク結果を追加
Core Series V2 Core Series V2
Core Series V2 Core Series V2
Core Series V2 Core Series V2
Core Series V2
【SATA接続時の速度】
Core Series V2
【USB接続時の速度】
 USB 2.0ポートを備えたOCZ製のSerial ATA-2.5インチSSD「Core Series V2」が発売された。実売価格は120GBモデル「OCZSSD2-2C120G」が約7万円、60GBモデル「OCZSSD2-2C60G」が約3.6万円、30GBモデル「OCZSSD2-2C30G」が2.8万円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 Core Series V2は最大データ転送速度がリード170MB/s、ライト98MB/sという高速タイプのSSD。ユニークなのは、本体側面のSerial ATAインターフェイス付近に、Mini USB 2.0ポートを備えている点だ。

 このUSBポートは、ファームウェアのアップデート時に用いるほか、「通常のデータ転送用にも使用できる」(複数ショップ)のが特徴。USB接続時のデータ転送速度についてはパソコンハウス東映がテストを行っており、リード32MB/s、ライト27MB/sを記録。Serial ATA接続時よりは遅いものの、一般的な高速USBメモリよりも高速なことが判明している。USB接続時は「バスパワーで動作する」(オリオスペック)とのこと。本体サイズは100.2×70×9.3mm、重量77g。

 なお、ラインナップ上では250GBモデルも用意されており、こちらは「月末ごろ」(オリオスペック)に入荷する予定。

 これまで、SSDは性能面だけが注目されることが多かったが、この製品は、高速USBストレージとしても使える使い勝手や、ファームウェアが更新できるという将来性など、ユニークな特徴も持っている。公称性能も高いスペックで、性能/機能面とも注目できる製品と言えそうだ。


□Core Series V2 SATA II 2.5" SSD(OCZ Technology)
http://www.ocztechnology.com/products/flash_drives/ocz_core_series_v2_sata_ii_2_5-ssd

□関連記事
【2008年8月15日】新ファームのSuperTalent製SSD登場、書き込み2倍速
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080815/etc_stalent.html
【2008年8月9日】OCZ OCZSSD2-1C64G(今週見つけた新製品)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080809/ni_i_hd.html?i#ocz64gb
【2008年8月2日】OCZ OCZSSD2-1C128G(今週見つけた新製品)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080802/ni_i_hd.html#ocz128
【2008年7月12日】OCZの高速/格安SSDが17日(木)入荷、予価3〜8万円
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080712/etc_ocz.html

 (OCZ Core Series V2)

[撮影協力:パソコンハウス東映TSUKUMO eX.オリオスペック]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.