【 2008年10月25日号 】
B-CASカード無しの地デジ/衛星チューナー「PT1」が発売
25日には深夜販売も
※(10/25更新)深夜販売レポートを追記。

※(10/24更新)25日に販売するショップの情報を追加。
三月兎の深夜販売は2号店(ブロックC1-(f2)/宝ビル1F)に変更。

 ユーザーメイドのソフトを前提とするアースソフトのユニークな地デジ/衛星放送チューナー「PT1」が一部ショップに入荷、予約者向けの引き渡しなどが始まった。実売価格は約2万円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 なお、予約無しの店頭販売は25日(土)から。25日(土)0時にはビデオキャプチャ製品初の深夜販売が三月兎2号店ブロックC1-(f2)/宝ビル1F)で行われたほか、25日の朝(開店時)からはドスパラ秋葉原本店(25個)やT-ZONE. PC DIY SHOP(10個)が店頭販売を行うという。


●事実上は「実験用」、一般放送は実質視聴不可
 B-CASカードや視聴/録画ソフトは無し、SDK公開

PT1 PT1
PT1 PT1
 PT1の最大の特徴は、視聴/録画ソフトやB-CASカードがメーカーから提供されず、全てがユーザーにゆだねられている点。

 地デジ/衛星デジタル放送の大部分はB-CASカードを使った暗号解除が必要で、他の地デジチューナーはこのためにB-CASカードと専用ソフトが付属する。しかし、この製品には両者とも提供されておらず、代わりにソフト開発者向けのSDKとドライバキットのみが公開されている。

 このため、この製品を購入しただけでは地デジ/衛星放送の視聴や録画はできず、今後登場するだろうユーザーメイドのソフトを期待するしかない、というかたちになる。

 今後、どのようなソフトが登場するかは不明だが、ネット上では「USB接続のICカードリーダーを使って他製品用のB-CASカードを接続、暗号解除する」といった手法が技術的に可能と言われており、ソフト次第ではこれまでにない録画/視聴環境が実現できる可能性も指摘されている。

 ただし、「他製品向けのB-CASカードを利用する」のはB-CASカードの使用契約に反するもので、技術的には可能だったとしても、現実的な視聴手段としては契約的に不可能。また、B-CASカードの使用許諾契約では、契約違反について「カードの返却や、損害賠償を求める」と明記されている。

 こうしたことから、現時点ではほとんどの放送は視聴できず、「非暗号化放送を対象とした、実験用カード」と見るべき製品と言える。ただしB-CASについては、今後の方向性に関する議論なども行われており、そうした動き次第では、「実験用」を越える動きになる可能性も考えられる。


●地デジ/衛星チューナー×各2を備えた多チューナー仕様
 4ストリームを同時受信

PT1 PT1
 ハード面では、地デジチューナー(ISDB-T)を2系統、衛星デジタルチューナー(ISDB-S)を2系統、合計4系統のチューナーを備える4入力仕様。多入力を備えるPC用地デジチューナーはほとんどなく、性能面からは非常に注目できる製品といえる。

 対応スロットはPCIで、コントロールチップとしてはザイリンクスのFPGAを搭載。動画エンコードチップなどは搭載していない。

 なお、製品は完全に基板のみで販売されており、ドライバ類やマニュアルなども付属しない。


●ビデオキャプチャ初の深夜販売も実施

PT1
【深夜販売】
PT1
【深夜販売】
PT1
【深夜販売】
PT1
【深夜販売】
PT1
【深夜販売】
PT1
【深夜販売】
PT1
【深夜販売の告知】
PT1
【深夜販売の告知】
PT1
【開店を待つ人々】
PT1
【販売告知】
 また、注目度の高さや入荷量の少なさから、ビデオキャプチャ製品では初の深夜販売に踏み切るショップも現れた。

 深夜販売を行ったのは5個を抽選販売した三月兎2号店(ブロックC1-(f2)/宝ビル1F)。

 同店では当初、「40〜50人程度の人出を見込んでいた」とするが、ふたを開けてみるとそれを大きく上回る人出。最終的には150人以上の購入希望者が集まった。

 近隣への配慮もあり、賑やかしなどは無かったが、0時から始まった抽選会はまさに「静かな熱気につつまれた」状態。0時2分までには5人の当選者が決定し、ビデオキャプチャ史上に残る(?)深夜販売は解散と相成った。ちなみに解散後、当選者1名の引換券が財布の中で見あたらず、関係者一同、ハラハラしながら「財布の中身捜索」を見守る、という一幕もあった。

 なお、同店の深夜販売では、2次ロット入荷分(入荷数/入荷時期などの詳細は未定)の予約券も配布されている。

 このほかのショップでは「予約分で完売」とする例が多いが、2店が25日開店時からの店頭販売を実施予定。予告しているのはドスパラ秋葉原本店(先着25個)とT-ZONE. PC DIY SHOP(10個)。

 ただし、25日0時30分現在、両店には発売を待つ行列ができており、その数はドスパラ秋葉原本店が約22人、T-ZONE. PC DIY SHOPが2人ほど。ショップ側でも「開店直後に完売するのは確実」と見ており、今から25日(土)に入手する計画を立てるのはなかなか困難な状態と言えそうだ。


●当面は品薄確実?

PT1
 入荷量についてはほとんどのショップが「ごく少量」と話す状況。また、今後の入荷見通しについては一部ショップが「11月中旬ごろ」と予告しているが、詳しい入荷日を告知した上で予約受付をしているショップは皆無。ほとんどのショップでは「詳しい入荷日が決まったら予約受付を告知する」とする状況だ。

 アースソフトの製品は総じて流通量が少なく、発売後しばらく品薄になるのが通例。現在の状況を見る限り、今回も同様の過程をたどる可能性が高そうだ。

□PT1(アースソフト)
http://earthsoft.jp/PT/index.html

□T-ZONEの予告
http://www.tzone.com/diy/rinf.jsp;jsessionid=FBCF67264FDFFBFA8D0B38A5ADB6ACC6#MSG2504

□関連記事
【2008年9月20日】「視聴非対応」の地デジチューナー「PT1」の予約開始
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080920/etc_earth.html

 (アースソフト PT1)

[撮影協力:三月兎1号店(ブロックD1-(e5))と三月兎2号店(ブロックC1-[e2]オリオスペックドスパラ秋葉原本店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.