【 2010年6月12日号 】
ダイビング向けのビデオカメラ発売、額にレンズ
 水中マスクに小型カメラを内蔵したユニークなダイビング向けカメラ「Underwater Digital Camera Mask」が販売中だ。実売価格は、マスクのみのモデルが9,800円、シュノーケル付属モデルが9,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 この製品は、水中マスクの額の部分に200万画素CMOSカメラを内蔵したユニークなアイテム。潜水しながら動画や静止画の撮影が可能で、撮影した映像は内蔵メモリ(容量4GB)に記録される。また、USB経由で充電したりPCと接続したりできる。

 プレビュー用の液晶画面などが用意されていないため、普通のデジタルカメラのようなフレーミングはできないものの、本格的な水中カメラに比べてかなり安価なのは魅力と言える。

 動画撮影時の解像度は1,280×960ドット(30fps、AVI形式)。連続撮影可能時間は約2.5時間。また、シュノーケル付属モデルのパッケージによれば、水深20mまで使用できるという。

□関連記事
【2009年5月16日】ダイビング向けの水中ビデオカメラ発売
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090516/etc_sanko.html


Underwater Digital Camera Mask

[撮影協力:あきばお〜零とイオシス 路地裏店(ブロックC1-[e4])]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.